1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

ウイルスバスターインストール後から動作が遅い!【動作がアップする手法とは?】

ウイルスバスターインストール後から動作が遅い!【対処法】

PR

 

 

ウイルスバスターをインストールしてから
パソコンの動作がかなり遅くなりました。

 

 

ノートンを使用しているときなどは
それほど動作が遅いという感じはしませんでしたが
サブパソコンを使用しているときなどは動作が遅いと感じてしまいますね。

 

 

動作が遅くなるという理由としては、常に起動していて
アップデートのデータやウイルスのチェックなどを常にしているから
パソコンの動作にも影響が出てしまうのが主な理由となるようです。

 

 

ウイルスバスターのカスタマーサポートセンターでのサイトで
動作を少しだけ早く出来る方法が記されていたので紹介してみたいと思います。

 

 

 

動作が遅いという場合の対処法は以下の方法が適切と考えられます。

 

ウイルスバスターの設定を変えてみる

 

内蔵されているハードディスクをSSDに交換する

 

セキュリティソフトを思い切って変えてみる

 

 

 

以上の3つとなりますが、一番現実的で
今からでもできそうなのは「ウイルスバスターの設定を変えてみる」しかないですね。

 

 

ウイルスバスターの設定を変える方法は以下の手順で行います。

 

 

ウイルスバスターコントロール画面の「設定」をクリック

 

 

 

 

「その他の設定」をクリック

 

 

 

 

設定3を選択して「OK」をクリック

 

 

 

 

再起動

 

 

 

ウイルスバスターをお持ちの方で
動作が遅いという場合の対処は以上の手順となります。

 

 

この設定で、僕のパソコンの場合は2秒ほど初期起動が短くなりましたが
常に動作しているので、パソコンに少なからず動作に影響を及ぼすと思います。

 

 

ですが、設定によって改善できる可能性もあるので
ウイルスバスターをインストールしていてパソコンの動作が遅いと感じている方は
以上のような設定を変えてみると良いかもしれませんね。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 


 
トップページ 目次 自己紹介 メルマガ登録 お問い合せ