1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

ゾンビウイルスよりも恐ろしいウイルス【身代金要求型不正プログラム】

ゾンビウイルスよりも恐ろしいウイルス【身代金要求型不正プログラム】

PR

 

 

ゾンビウイルスよりも恐ろしいウイルスが広がっているらしいです。

 

 

その名も「身代金要求型不正プログラム」という名前で
どんな事をするかといえば、パソコンを人質に取り
身代金を要求するというプログラムなんですよ。

 

 

身代金要求型不正プログラムはゾンビウイルスよりも厄介なウイルスですが
こういうウイルスも非常に困ったものですね。

 

なんだか、RPGの最終ボス級のウイルスが2個も発見され
報道されると非常に不安になってしまいますよ。

 

 

 

身代金要求型不正プログラムを知った時は
「え?パソコンが動かなくなるの?!」ってとても不安に感じてしまいました。

 

怪しいサイト等を見たり変なメールにある添付ファイルを開けたり
そういうことをしていなくても、ウイルスに感染することもあります。

 

 

なので「僕は怪しいサイトは見ないよ」って人も
安心できる状況ではないんですよ。

 

 

 

 

身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)は
パソコンの操作が全くできなくなるウイルスです。

 

もちろん、強制終了をしても操作ができるはずもなく
大切なデータなども開くことも移動させることも
何も操作ができなくなってしまうのが特徴です。

 

 

 

サイバー犯罪者は、パソコン使用者に直接に
パソコンの制限を解除する条件として
期限内に数万〜数百万を振込をするようにと請求してきます。

 

ですが、いくらお金を振り込んでも
パソコンの使用はできないことが多く
何度も何度も請求を繰り返されるばかりですね。

 

 

 

例えば

 

変なメールを開いたり不正なサイトや怪しいサイトを見ないという企業でも
そういった不正プログラムは、社内統制が厳しい企業ほど感染しやすい傾向にあるようです。

 

多くの企業では、「Adobe Flash Player」をアップデートして
アプリケーションの更新をしっかりとしていると思いますが
身代金要求型不正プログラムは、本物によく似た「Adobe Flash Player」の
偽物のアップデートサイトに誘導されて感染してしまうケースが多いようです。

 

 

「怪しいメールは見ないから大丈夫」

 

「怪しいサイトは見ないから大丈夫」

 

「アプリケーションはしっかり更新しているから大丈夫」

 

 

そういった考え方の人の裏をかいた犯行なので
身代金要求型不正プログラムは超ヤバイウイルスなんですよ。

 

無料ウイルス対策ソフトを利用している人は
この機会に有料のウイルス対策ソフトを利用してみてはいかがでしょうか。

 

↓↓      ↓↓

 

体験版セキュリティソフトは超危険?!【無料で済ませる激ヤバな考え方】

 

 

不正プログラムを駆除できるかどうかは
サイバー犯罪者との心理戦となるようですね。

 

身代金要求型不正プログラムに感染して
実際にお金を振り込んでもパソコンは元に戻らないので本当に注意が必要と言えますね。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 


 
トップページ 目次 自己紹介 メルマガ登録 お問い合せ