1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

パソコンの初期設定を自分で行う場合の6つの作業

パソコンの初期設定を自分で行う場合の6つの作業

PR

 

 

 

実際には、パソコンの初期設定で注意すべき点というのは
初期設定後に「Windowsのアップデート」「マイクロソフトアップデート」
「ファイヤーウォールの設定」を必ずしたほうが良いということです。

 

 

 

ただ、これだけのことを守れば、だれにでも簡単に初期設定は出来ます。

 

 

 

パソコンを購入するときに「パソコンの初期設定はどうしますか?」という事を
店員さんに言われる事が多いのではないでしょうか?

 

 

 

ショップによって、無料サービスですが
パソコン工房などでは2000円なんですよね。

 

 

 

交換作業に関して一つ一つ値段が表示されているので
興味ある人は以下のサイトをチェックしてみるといいでしょう。

 

 

 

 

 

自信がなければ、パソコン工房に持ち込んでもOKなので
パソコン工房が近くにあれば問い合わせても良いかもしれないですね。

 

 

 

僕自身も、パソコンの初期設定をやったことがありますが
前回は、兄貴のパソコンにSSDを入れて初期設定したわけですが
午前8:00から作業を開始して午後の16:00に完了しました。

 

 

 

リカバリーディスクの他にドライバをインストールするための
CDも同封されていることが多いですね。

 

 

 

自分でパソコンの初期設定を行う場合は、どれがリカバリーディスクで
どれが、ドライバのインストールCDなのかを事前に聞いておくことが重要ですよ。

 

 

パソコンの食設定というのは、パソコンの電源ボタンを押してリカバリーディスクを入れて
再起動して、CDを読み込ませていきます。

 

 

 

 

 

 

リカバリーディスクを読みこませれば
後は放置していれば良いだけで、勝手に自動で初期設定を始めます。

 

 

 

画面などが表示されたらユーザー名とかパスワードを書く画面になるので
好きな英数字を入れると良いでしょう。

 

 

この辺は、パソコンの説明書にも書かれているので
実際は自分でも行うことが出来ます。

 

 

 

パソコンショップの言う初期設定とは?

 

 

パソコンショップの言う初期設定とは
パソコンを通常通りに起動させるだけではなく以下の様な設定も行います。

 

 

初期設定

 

ウイルスソフト設定

 

Windowsアップデート

 

マイクロソフトアップデート

 

ファイアウォール設定

 

リカバリディスク作成。

 

 

などをしてくれる場合もあります。

 

 

僕自身も、初期設定をする場合は、ウイルス対策ソフトの設定などや
Windowsのアップデートとマイクロソフトのアップデートなども行います。

 

 

このアップデートをしていないと動作が不安定になることもあるので
自分で行う場合は、Windowsのアップデートも忘れずに行ってくださいね。

 

 

 

ファイヤーウォールの設定も初期設定をするときに行う作業の一つですね。

 

 

 

これら設定に結構時間がかかってしまい、僕の場合は
午前8:00に作業を開始して午後の16:00にこれら全てを完了させました。

 

 

パソコンの初期設定は結構時間が掛かるし
大変な作業でもあるので、自身がない場合は
パソコンショップに任せるほうが良いといえますね。

 

PR

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る