1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

データ復旧ソフトを使うのは超危険な理由

データ復旧ソフトを使うのは超危険な理由

PR

 

 

データ復旧ソフトを安易に使うと
データを復旧させることができなくなることがあるので
自分で行う場合は完全に自己責任で行うしか無いですね。

 

 

万が一ソフトが失敗しても、誰にも文句は言えないし
業者に依頼をしても失敗をした後は
プロでもどうすることもできなくなるそうです。

 

データ復旧ソフトを使うのは超危険な理由

 

ハードディスクなどでデータを復旧をしようとした場合に
失敗をしてしまうこともあるようですが
その原因は、2つに大別させることが出来ます。

 

それは、ハードディスク自体が
故障をしているかどうかということです。

 

 

 

ここでは、故障をしていない状態を限定で話を進めていくことにしますね。

 

ハードディスク自体に故障をしていない場合で
どうして、データ復旧ソフトは失敗することがあるのか?

 

 

データ復旧ソフトを使うのは超危険な理由

 

 

それは、一言で簡単に説明すると
ハードディスク固有の情報が消失してしまうと
データ復旧ソフトは確実に失敗をしてしまいます。

 

そして、情報などが変わってしまっている場合も
データ復旧ソフトは使いものにならないですね。

 

 

 

例えば、ハードディスクを「Cドライブ」「Dドライブ」と分けているとして
それぞれの、ドライブのサイズは表示されています。

 

これは、ディスクの固有の情報があるので
ドライブの大きさやフォーマットを解析なしでも
表示ができるというわけですね。

 

 

ですが、固有の情報にトラブルがあったとすれば
複雑な解析をする仕組みが必要となり
こうした状況で、データ復旧ソフトを使っても
解析に失敗をしてしまうというわけです。

 

 

データ復旧できない場合の対処方法

 

データ復旧ソフトを使うのは超危険な理由

 

 

データ復旧ソフトには、無料と有料がありますが
仮に、有料版のソフトで復旧できなかったとしても
他のデータ復旧ソフトを使えばデータを戻せることもあるので
一度試してみるというのも一つの手ですね。

 

まあ、ダメ元ですけど
やらないよりもやってみて試すのも良いのではないでしょうかね。

 

 

 

フリーソフトを使ってデータを復旧させようとしても
復旧できなかった場合は、他のフリーソフトを使っても同じ結果になることが多いですね。

 

なぜなら、フリーソフトの場合は
復旧原理が同じなので一つのフリーソフトで復旧できない場合は
他のフリーソフトでも同じ結果になることが多いです。

 

 

 

かといって、復旧できるかどうかわからないのに
市販の復旧ソフトを購入するのは経済的ではないですよね。

 

なので、一度体験版を使ってみて
データが復旧できるかを試してみると良いでしょう。

 

 

 

復旧できることを確認出来た場合は
体験版で使ったソフトを買ってみても良いかもしれません。

 

 

市販ソフトでもやっぱりデータを復旧できない時の最終手段

 

 

データ復旧ソフトの市販品を使っても
復旧ができないこともあったりします。

 

こうした場合は、個人でのデータ復旧を諦めたほうが無難といえますね。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る