1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

壊れたハードディスクを復旧してくれる業者のメリット・デメリット

壊れたハードディスクを復旧してくれる業者のメリット・デメリット

PR

 

 

いきなり、ハードディスクが故障したとか
データにアクセスが出来ないなどの症状が出たら
データ復旧業者に依頼するほうが一番手っ取り早いです。

 

でも、ハードディスクが壊れた場合は重要なデータを復旧させるために
「データ復旧ソフト」を使う人は多いですよね。

 

壊れたハードディスクを復旧してくれる業者のメリット・デメリット

 

 

データ復旧ソフトは、ハードディスクから異音がしたり
動作不能という場合はソフトを使用しても
データは復旧できないことが多いようです。

 

 

 

ハードディスクに物理的な故障がある場合に
データ復旧ソフトを使うとデータを
復帰させることが出来ませんので注意が必要ですね。

 

 

また、ハードディスク内のフォルダが全て見えなくなったり
誤ってデータを削除してしまったという場合は
データ復旧ソフトでも可能です。

 

 

しかし、あなた自身でデータを復旧させようと試したりすると
致命的な損傷を与えることもあったり、重大な故障を招くおそれがあるため
一度、専門のデータ復旧業者に相談をしてみることをお勧めします。

 

 

データ復旧業者とは?

 

壊れたハードディスクを復旧してくれる業者のメリット・デメリット

 

 

データ復旧業者とは、その名の通りデータを復旧させるプロの業者を言います。

 

ハードディスクやメモリやSDカードや
スマートフォンなど色々な機器のデータを復旧させることが可能です。

 

 

 

個人では太刀打ち出来ないようなデータ障害が起きた機器でも
データを復旧させることが出来る高い技術を持っている専門業者なのです。

 

基本的に、お申込みをしてから障害メディアを
業者に送るような形になります。

 

 

そして、初期診断をしてから
見積もりだして、納得の行く料金なら
作業をしてもらうという流れになりますね。

 

そんな、高い技術を持った専門業者のメリットは以下の通りとなります。

 

 

データ復旧業者のメリット

 

専門の技術者が担当をするので安心

 

個人では用意できない設備で対応してくれる

 

重度の故障であってもデータを復旧させることが可能

 

個人情報のセキュリティは万全

 

ハードディスク以外もデータを復旧できる

 

確実にデータを復旧できる

 

データを復旧させる専門の技術者が
障害を起こしているハードディスクなどから
データを復旧させてくれます。

 

 

壊れたハードディスクを復旧してくれる業者のメリット・デメリット

 

 

データ復旧ソフトでも可能な場合もありますが
何らかの原因で失敗してしまうと
データを復旧させることができなくなるので
専門の業者に依頼したほうが無難な選択と言えます。

 

 

仮に、データ復旧ソフトで失敗した後で
専門業者に依頼をしてもデータを復旧できなくなるケースもあるので
慎重な判断をしたほうが良いです。

 

 

データ復旧業者のデメリット

 

中には粗悪な業者も存在する

 

費用が高額

 

悪徳業者の場合はデータを壊された上に高額の料金を請求される

 

 

データ復旧業者でも、ちゃんと選ばないと
確実に失敗してしまうんですよね。

 

高額な費用だけを取られて
結局データを復旧することが出来なかったということも
たまに、あるようなので慎重に業者を選んだほうが良いでしょう。

 

 

最悪、データを壊された上に
高額な費用をとられることもあるので
業者は信頼できそうな所を選ぶ必要があるんです。

 

データ復旧業者の「ピーシーキッド」は
アップル社認証されたデータ復旧業者のようです。

 

 

粗悪な業者ではないので信頼性は高いようですね。

 

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る