1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

メモリ不足解消することが出来る3つのポイント

メモリ不足解消することが出来る3つのポイント

PR

 

 

 

パソコンのメモリ不足は、パフォーマンスなどが低下したり
メモリ不足の通知が表示されたりします。

 

僕自身が過去に経験したのがプログラムメニューを開く時に
時間がかかってしまったということがありました。

 

メモリ不足解消することが出来る3つのポイント

 

プログラムの応答に時間がかかったり
応答しなくなったりする場合もメモリ不足が原因と言えます。

 

 

メモリに関しては「タスクマネージャー」を
起動させる必要がありますが、これはキーボードの
Ctrl+Alt+Del」を同時に押します。

 

 

 

僕のやり方は「Ctrl+Alt」をまず押して
「Del」を最後に押します。

 

 

すると画面が変わるので「タスクマネージャー起動」を選択すると
メモリの使用率を見ることが出来ます。

 

 

メモリ不足解消することが出来る3つのポイント

 

 

その中の「リソースモニター」をクリックすると
メモリの状態が分かるようになっています。

 

メモリ不足を解消させる3つのポイントですが
それは、以下の通りとなります。

 

 

ページング ファイル (仮想メモリ) のサイズを増やす

 

メモリを増設する

 

プログラムがメモリを使用しすぎていないかを判断する

 

 

以上ですが、Windowsというのは、メモリが不足してしまった場合は
自動的に仮想メモリにサイズを増やそうとします。

 

最大サイズまで手動で増やすことも出来ますが
実装されているメモリのサイズにより
仮想メモリの最大サイズは決定されます。

 

 

 

仮想メモリのサイズを増やすことで
メモリ不足の問題は解消することが可能ですが
プログラムの実行速度が低下するというデメリットもあります。

 

 

 

コンピュータは、ハードディスクよりもメモリのほうが
高速に情報を読み込むことができるので仮想メモリを使いすぎると
プログラムの実行速度が低下するということになります。

 

メモリ不足解消をするには、当然ですが
メモリの増設を行えば簡単に解決します。

 

 

メモリ不足解消することが出来る3つのポイント

 

 

メモリの種類などは「PCの型式+スペック」で検索したら
出てくるので、メモリの種類を確認して増設をしてくださいね。

 

メモリの種類の見方はこちらでも解説しています。

 

↓↓       ↓↓

 

pcのメモリ増設前にやっておきたい種類確認方法

 

 

プログラムがメモリを使用しすぎていないかは
「Ctrl+Alt+Del」でタスクマネージャーを起動させて
確認をしてみてくださいね。

 

メモリを増設するのが一番簡単で手っ取り早いので
僕は、増設の方をお勧めします。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

関連ページ

パソコンの初期設定を自分で行う場合の6つの作業
ノートパソコンの電源が勝手に切れる?!【20万したPCが1年で壊れた理由】
パソコンのモニターが映らない場合の対処
何をしてもパソコンの調子が悪い場合の最終手段はこれ!
ノートパソコンの熱暴走を止める2つの強力なアイテムとは?
熱暴走はパソコンの寿命を減らす4つの症状【温度40度でも壊れない部品】】
デスクトップPCは雷に弱い!?【やっておくべき3つの秘策】
ノートパソコントラブル解決法【画面が固まる5つの原因】
HDDがいきなり壊れるのを防ぐには?【一番注目すべきなのはコレ!】
Windows7のメモリ不足になる原因【使用量の確認方法】
中古のノートパソコンのキーボードを修理
マウスが動かない?!知らないと損をする対処法とは?
Windows10のアップグレードで不都合出ても支障が出ない方法
パソコンのモニターが映らない場合の原因とは?
新品のパソコンで動作が遅いと感じたら一番に見るべきものとは?
パソコンが再起動を勝手に始めた時の対処法【原因は3つ】
壊れたハードディスクを復旧してくれる業者のメリット・デメリット
データ復旧ソフトを使うのは超危険な理由
インターネットエクスプローラーの動作が不安定【アドオンの設定方法】
SSDに交換した時にネットにつながらなかった場合

 
トップページ 目次 自己紹介 メルマガ登録 お問い合せ