1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

デスクトップPCは雷に弱い!?【やっておくべき3つの秘策】

デスクトップPCは雷に弱い!?【やっておくべき3つの秘策】

PR

 

 

 

梅雨が明ける頃になると、雷が鳴り始めますが
この雷って結構危険なのは多くの人は知っていると思います。

 

僕は、昔に雷がなっているのにパソコンで仕事をしていました。

 

 

 

まあ、仕事なので雷がなろうが仕方ないのですけど
作業を続けていたことがありますね。

 

実は、雷って電源コードをたどって内部に入ってくるそうです。

 

 

そうなるとパソコンは壊れてしまいます。

 

 

そんな雷が「ゴロゴロ〜」って鳴っていても
パソコンをしていたのですが、一瞬窓の外が光だけになって
恐ろしいくらい大きな音を立てて「ドドドッ!」って鳴ったんです。

 

 

なんか、映画とか戦争アニメで見るような
爆弾が落ちてきたみたいな音がしてビックリしたことがあります。

 

 

もちろん、停電になりました。

 

 

あれ?停電になっちゃったよ・・・」って思った瞬間に
頭をよぎったのがパソコンで作業していたデータです・・・

 

おかげさまで、4時間もかけて作業をしていた事が
水の泡となりました・・・

 

 

 

「4時間もかけて作業をしていたのにぃ!!」って
雷に対して怒りをぶちまけていたりしていましたが
データ保存も何もしてなかった僕も悪いんですけどねぇ・・・

 

デスクトップパソコンだったので、停電には弱いんですよね。

 

 

なぜなら、デスクトップパソコンには
ノートパソコンのようにバッテリーがないから。

 

 

 

本当にノートパソコンが必要な時期というのは
雷がなっている時期」なんです。

 

理由としては、ノートパソコンの場合は
無理して電源から電流を流さなくても
最近では6時間駆動するノートパソコンも珍しくないからです。

 

 

 

僕自身、ノートパソコンで作業をしていた時は
停電になっていたことすら気が付かなかったこともありますからね。

 

6時間もあれば雷も鳴り止む可能性もあるでしょうし(たぶん)

 

 

そう考えれば、ノートパソコン最強と
僕は思っていたりしますね。

 

 

 

 

僕は、あれからというもの、雷がなると「コンセント付き」の電化製品は
すべてコンセントから引きぬくようにしてます。

 

いやいや、雷で停電になりデスクトップパソコンの電源が切れて
データの保存もしてない奴が言っても説得力ないし
うそっぽくなりますけどね・・・(; ̄Θ ̄A アセアセ

 

 

 

雷がなると、やっておいたほうが良い対策

 

コンセントが付いている家電製品は全て抜いておく

 

「LANケーブル」もしくは「モジュラーケーブル」は一応抜いておく

 

アンテナケーブルも抜いておく

 

 

コンセントが付いている周辺機器やパソコンの電源コンセントなど
全て抜いておく必要がある理由は、電源線から雷サージが
パソコンに侵入してきてパソコンを故障させる危険があるからです。

 

 

 

雷サージとは、雷の影響で発生する過度的な異常高電圧を言います。

 

 

 

このような、異常電圧が電源線からパソコン内部に進入する危険もありますので
コンセントをすべて抜いておく必要があるというのが一番の理由となります。

 

通信機器を接続しているパソコンは
非常に多いですが、通信線や電源線から通信機器を通って
パソコンに侵入してくる可能性もあります。

 

 

 

雷サージを防ぐために回線の種類に関係なく
通信機器をつなぐLANケーブルをパソコンから外している方が無難だと言えます。

 

ですが、通信機器が通信線や電源線に接続されていないタイプは
LANケーブルを取り外す必要はないんですけどね。

 

 

雷対策としては「雷サージ対応電源タップ」を使っている場合は
以上のような対策は全く必要がないので、普通のコンセントを利用しているなら
雷サージ対応電源タップ」に出来る限り交換をしていたほうが良いでしょうね。

 

 

 

 

デスクトップパソコン以外にもノートパソコンも所有しているという場合は
雷のシーズンになるとノートパソコンを主として使用するほうが
いきなりの停電にもビックリすること無くパソコンをすることが可能です。

 

雷が鳴っていたらノートパソコンでも
一応電源は抜いていたほうが無難ですけどね。

 

 

PR

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る