1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

外付けHDDでポータブル型と据え置き型どちらが最適?

外付けHDDでポータブル型と据え置き型どちらが最適?

PR

 

 

 

外付けハードディスクには、大きく分けて2種類ありますが
その2種類は以下のとおりとなります。

 

 

 

据え置き型

 

 

ポータブル型

 

 

以上の2種類が外付けハードディスクの主な種類となります。
どちらもメリット・デメリットがありますが一つ一つ解説していきたいと思います。

 

 

据え置き型の特徴

 

 

 

 

 

外付けハードディスクの種類の一つである「据え置き型」ですが
読み書きが高速で大容量で販売値段も安くて導入しやすい周辺機器です。

 

 

接続方法なども選べる機種もあるようですが
メリットは大きいと言えます。

 

 

ただ、ACアダプターをコンセントに差し込み使用するので
机の上など、一定の場所でずっとおいているのが一般的な利用方法となります。

 

 

持ち運びをしないなら「据え置き型」が最適ですね。

 

 

ポータブル型の特徴

 

 

 

 

 

ポータブル型は「据え置き型」に比べて読み書きが
少々遅いのがデメリットとなります。

 

 

小容量で、しかも高い・・・

 

 

まあ、接続方法も限られてはいるんですが
何よりも小型なので持ち運びをするならポータブル型が最適です。

 

 

 

主に、小型のノートパソコンと一緒にして
持ちまわるので便利かもしれないです。

 

 

 

ノートパソコンを持って移動をすることが多く
データも常に参照したいという場合はポータブル型が最適と言えますね。

 

 

持ち運びがとても簡単なので、紛失したり破損したりする可能性もあります。

 

 

移動用の外付けハードディスクと別に、もう一台、バックアップ用の
外付けハードディスクを用意しないと余り安心はできないですね。

 

 

ポータブル型の一覧はこちら

 

 

 

据え置き型の一覧はこちら

 

 

総合評価

 

 

 

外付けハードディスクを選ぶ場合は、一定の場所でパソコンをする場合は
「据え置き型」が一番最適ということですね。

 

 

ただ、ACアダプターが邪魔になるという場合は
「ポータブル型」を選んでしまうのもいいかもしれないです。

 

 

持ち運びをして常にデータを参照にしたいという場合は
ポータブル型が最適ということになりますね。

 

 

手軽に持ち運びをしたいという場合は
ポータブル型の外付けハードディスクが最適です。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る