1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

キャノンのプリンターIP2700をwindows10で使ってみた感想

 

PR

 

 

 

キャノンのプリンターIP2700を購入しました。

 

かなり昔に販売していたらしいプリンターですが
新古として1980円で販売されていたので「安い!」と思い
飛びついて購入したわけです。

 

キャノンのプリンターIP2700をwindows10で使ってみた感想

 

 

 

でも・・・

 

まあ、それはさておき
今回購入したプリンターIP2700のセット内容はこちら

 

 

キャノンのプリンターIP2700をwindows10で使ってみた感想

 

説明書

 

ドライバCD

 

スタートガイド

 

プリンター本体

 

電源コード

 

 

以上の5つが箱に入ってました。

 

 

 

 

そして、ある事に気が付き「あれ?!」と
少し違和感を感じたんですよね。

 

 

 

 

通常ならプリンターを買ったら少し入っているインクが
サービスでついているはずなんです。

 

 

 

 

このプリンターにはないので不思議に思いました。

 

 

 

プリンターIP2700の罠?

 

キャノンのプリンターIP2700をwindows10で使ってみた感想

 

 

ネットで調べましたが、このプリンターは
普通に販売されている値段でも
5000円以内で購入できるプリンターのようです。

 

 

でも、IP2700のインクカートリッジは
4000円以上するようでプリンターよりも高い・・・

 

 

 

 

う〜ん、これはインクのお金で稼ごうという商売方法のようです。

 

ビジネスには「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」があり
本当に売りたい商品を後から「これは必要ですよ」と売りつける手法のやり方ですよ。

 

 

 

 

 

そして、フロントエンド商品を安く販売して
お客さんに買ってもらいます。

 

これがフロントエンド商品の役割です。

 

 

 

 

 

バックエンド商品とはフロントエンド商品で
集客をしたお客さんに必要な商品を
さらに高く販売する役目を果たすのがバックエンド商品。

 

つまり、今回購入したプリンターIP2700が
まさにフロントエンド商品で無知な客を釣る役目だったのでしょう。

 

 

 

さらに、インクカートリッジはバックエンド商品で
プリンターよりも高い値段で販売してインクで稼ごうという感じですね。

 

 

まあ、この方法を「セコイ」とかいう人もいるかもしれませんが
僕はこれも商売方法のひとつだと思い乗って差し上げましょう。

 

 

実際に使ってみたIP2700の感想

 

キャノンのプリンターIP2700をwindows10で使ってみた感想

 

 

 

実際に印刷をしてみた感想ですが
普通にきれいに印刷します。

 

今回、別の店で購入したインクカートリッジは
「4520円(税込)」で買いました。

 

 

 

 

まあ、高いかもしれませんが・・・

 

最初は、インクを認識しなくて
リセットボタンを何度か押しながら
インクを認識させることに成功。

 

 

キャノンのプリンターIP2700をwindows10で使ってみた感想

 

 

設定自体は何もしておらず
ドライバCDをインストールしてすぐ使えました。

 

 

ただ、音が多少うるさいというのが問題ですけどね。

 

 

 

 

 

周囲の部屋まで聞こえるほどではなく
設定でも「サイレントモード」がありますが
このモードにすればそこそこ静かになりますよ。

 

 

結論としては、値段的にプリンター自体は安いですが
インクカートリッジは高いのでお勧めはできません。

 

 

 

PR

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る