1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

ハードディスクケースの失敗しない選び方

ハードディスクケースの失敗しない選び方

PR

 

 

 

ハードディスクケースっていうのは
パソコンに内蔵されているハードディスクを取り付けて
外付けタイプのハードディスクと同様に使うことが出来る周辺機器を言います。

 

 

僕自身が実際に使っているのが
ハードディスクケースと呼ばれるものなんですよね。

 

 

ハードディスクケースの失敗しない選び方

 

 

ハードディスクケースを持っていれば
内蔵型のハードディスクをSSDに交換をしても
取り外した内蔵ハードディスクは外付けとして使えるってわけです。

 

内蔵型ハードディスクが故障しているって場合は
当然使えないのでハードディスクだけがゴミ箱行きですけどね。

 

 

ハードディスクケースには色んな種類があって
内蔵型のハードディスクを1個だけ使用できるタイプから
10個も使えるというタイプのものまで多彩な種類が存在しているんですよ。

 

僕自身が購入しているハードディスクケースは
1個だけしか使えないタイプで3000円以内で購入したものです。

 

 

ソフマップで購入したと記憶しています。

 

 

どうして、今現在のハードディスクケースを選んだかといえば
コンパクトであり、ハードディスクのサイズが
3.5と2.5のどちらでも使えるからというのが理由となりますね。

 

 

 

僕自身は、どういうサイズでも使うことが出来るタイプのほうが
ノートパソコンの内蔵ハードディスクを使うこともあるし
デスクトップパソコンのハードディスクでも使うことがあるから
どちらでも使えるタイプを好んで買うわけですね。

 

ハードディスクケースに収納して使う
ハードディスク選びのポイントを解説していきます。

 

 

収納するハードディスク選びもポイント

 

ハードディスクの容量で決めるようにする

 

読み込み速度の早いものを選ぶ

 

ハードディスクのケースタイプで選ぶ

 

パソコンの動作が鈍いと感じているなら
より多くデータを保存できるハードディスクを
ケースに収納して出来る限り本体にデータを保存しないようにしましょう。

 

 

僕自身もですね、500GBの内蔵型ハードディスクを
ケースに取り付けて使っているんですが
すぐに容量が限界になってしまうんです。

 

ハードディスクケースの失敗しない選び方

 

パソコンで何らかの作業をしているとかいう場合は
ハードディスクケースに収納するハードディスクの容量は
1TB(テラバイト)くらいは必要なんじゃないかと思います。

 

そして、ハードディスクを選ぶ場合は
「7200rpm」のハードディスクを選ぶようにしたほうが
読み込み速度は早いですね。

 

 

 

でも、SSDの容量の高いものを買って
ケースに取り付けて使用するほうが良いかもしれません。

 

一時期、僕はSSDを取り付けて使用していましたが
読み込み速度が充分に速かったと記憶しています。

 

 

ハードディスクケースって
つい最近まで2種類くらいだろうなぁって思っていたんです。

 

 

僕が知っている「ケースタイプ」と「取り付けタイプ」の他に
ケーブルタイプのものがあったんですよ。

 

ケースタイプの場合は、ハードディスクをすっぽりと覆い被せて
まるで、一つの周辺機器みたいな感じで使うことが出来ます。

 

 

 

いやいや、周辺機器なのですが中身を入れ替えることが出来るのは
取り付けタイプと同じですがホコリなどが付着しない点では優れていると感じます。

 

 

ハードディスクケースの失敗しない選び方

 

 

僕自身は、ケースの方は使用したことが無いですけどね。

 

取り付けタイプの場合は、内蔵ハードディスクをカセットのように
ケースにセットして使うんですよ。

 

 

ケースタイプと同じですがケースを分解するという手間が省けて
簡単に取り付け取り外しができるので超便利ですね。

 

僕自身は、取り付けタイプのハードディスクケースを使用しています。

 

 

 

最後にケーブルタイプですが
ケーブルもハードディスクもむき出しなので
見た目はあまり美しいとはいえません。

 

また、ケーブルタイプは価格的にも安いので
お金がないという人にはケーブルタイプが最適なのかもしれません。

 

 

そういえば、外付けハードディスクには
他にもこういう種類のものが合ったので
これは本当に要チェックですよ。

 

↓      ↓

 

外付けHDDでポータブル型と据え置き型どちらが最適?

 

 

僕が今現在使っているハードディスクケースは
パソコンに認識することが少なく
ほとんどが、認識されない状態ですね。

 

なので、認識されない場合は
ハードディスクケースにある電源を一度消して
もう一度電源を入れるという操作をしています。

 

 

これが結構面倒なんですが
機種によっては、認識は確実にされるんでしょうね。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

関連ページ

外付けハードディスクは便利【6つの便利な理由】
データ移動できる3つの手段【最適な方法】
外付けハードディスクの有効的な使い方
外付けハードディスクケースのメリットとデメリット
外付けHDDでポータブル型と据え置き型どちらが最適?
外付けハードディスクケースに最も最適なものとは?
ネットワークハブで複数のパソコンでネットが利用できる!
スイッチングハブの利便性と寿命
レーザーマウスとBlueLEDマウスと光学式マウスのどれが一番?
TOGレーザー式マウスを使った感想【感度が良い】
失敗しないマウス選びの極意とは?
無線マウスはウイルスに感染するというデマに騙された!
薄型テレビをパソコンのモニターとして使うとどうなる?
1台のパソコンに2台のモニターのメリットとデメリット
パソコンでネットゲームに最適なモニターとは?
パソコンの光沢液晶のメリットとデメリット
パソコンのモニター【非光沢液晶のメリット・デメリット】
パソコンモニターの価格が安い!?【非光沢のモニターが一番】
BenQ製のモニター「gw2255」の評価【うわぁでけぇ・・・】
BenQ製のモニター「gw2255」の見易さと使い心地
コピー機能を備えたスタンドタイプのすごい奴!
キヤノンのPIXUS「MG5730」とエプソン「EP-708A」を比較
ノートパソコン冷却台の効果【安物買いの銭失いだ・・・】

 
トップページ 目次 自己紹介 メルマガ登録 お問い合せ