1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

ネットワークハブで複数のパソコンでネットが利用できる!

ネットワークハブで複数のパソコンでネットが利用できる!

PR

 

 

ネットワークハブとは、複数のLANケーブルを挿すことが出来る
ルーターにも似ている機能を持った周辺機器です。

 

 

しかし、ルーターは無線LAN仕様でも使えるのですが
ハブは無線LAN仕様と言うのは存在しません。

 

ネットワークハブで複数のパソコンでネットが利用できる!

 

一昔前は、複数のパソコンでそれぞれのネット回線を
分けて通信できる周辺機器でしたが
集中した通信によって、ネット回線が遅くなったこともありました。

 

 

 

 

ルーターとネットワークハブの違い

 

 

複数のパソコンを使用していてネット通信がハブに集中すると
動作が遅くなるということはよくありました。

 

 

しかし、ネットワークハブからルーターに移行してからは
ネット回線が遅いというのは感じたことがほとんどないです。

 

 

なぜなら、ルーターとはネット回線を快適にするためのものであり
ネット回線をつなぐ出口を増やす周辺機器ではないからですね。

 

 

ややこしい説明抜きでシンプルにすると・・・

 

 

ルーターとネットワークハブとの違い

 

ルーター:ネット回線を快適にして回線をそれぞれに配信する

 

ネットワークハブ:ネット回線を増やすための周辺機器

 

ルーターの場合は複数のパソコンで一気にネット回線をつないだとしても
全く支障なく利用が可能ですね。

 

 

しかし、ネットワークハブの場合は
ネット回線を一気につないだ場合は動作が遅くなります。

 

 

 

例えば、ネットワークハブで
ノートパソコンを別の部屋で使用して
他の部屋でもデスクトップパソコンでネットを利用。

 

 

そうなると、1台だけでネットをしていた時は
快適なネット回線だったのが2台一気にネットを利用すると
ネット回線速度が遅くなってしまいます。

 

 

なぜなら、ネットワークハブにはネット回線を
快適にできるようなシステムが組み込まれていないからです。

 

 

つまり、パソコンごとにあるIPアドレスを
うまく割り当てることがルーターには出来るために
ルーターに3台ものパソコンをつないで
ネットをしても快適にネットを利用することが出来るんですよ。

 

ネットワークハブで複数のパソコンでネットが利用できる!

 

プロバイダのモデムにはルーター機能はありますが
3つしかLANケーブルをつなぐことが出来ないんですよね。

 

 

なので、複数のパソコンを利用したい時に困るので
モデム→ルーター→ルーター」という感じになっていますね。

 

 

ルーターは、こういう所も気をつけて
選ぶとネットが快適になりやすいですよ。

 

↓↓      ↓↓

 

ルーター選びで失敗しない重要視すべきポイントとは?

 

 

2番めのルーターは子機みたいなものですが
最近は親機のルーターと子機のルーターがあるみたいで
子機があると部屋が離れていると結構便利なんです。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る