1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

データ移動できる3つの手段【最適な方法】

データ移動できる3つの手段【最適な方法】

PR

 

 

 

パソコンのデータを移動させる方法というのは色々とありますが
それらの周辺機器を有効に利用していますか?

 

 

外部記憶装置の種類は色々とありますがそれぞれには、様々な特徴がありますし
メリットやデメリットなどもありますのでそれらを一つ一つ解説していきたいと思います

 

 

データ移動できる手段といえば以下の3つの方法が代表的です。

 

DVD-R

 

フラッシュメモリ

 

外付けハードディスク

 

 

 

それぞれにはメリットとデメリットがありますが
その中でも「フラッシュメモリ」は持ち運びが簡単にできるし
最近では100GBを超える製品も登場しています。

 

 

一つ一つ解説していきたいと思います。

 

 

DVD-R/CD-Rの特徴

 

 

 

DVD-RやCD-Rなどは容量が少ないデータを入れる場合に最適で
動画などや音声などを入れる場合に適しています。

 

 

移動中にもデータを起動させることが出来るというメリットもあるので
音声や動画を入れる人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

ただ、大容量のデータを移動させることができず
容量が不足するということが多いので容量が大きい場合は
DVD-RやCD-Rは不向きということになります。

 

 

 

 

リカバリーディスクを作る場合にも利用することが多いですが
僕自身は、リカバリーディスクを作成したり音声を入れる以外は
DVD-RやCD-Rは利用したことが無いですね。

 

他にも使い道はあるかもしれませんが・・・

 

 

 

 

DVD-R/CD-Rのメリット

 

持ち運びができる

 

移動中でも音声を聞いたり動画を見たりが可能

 

リカバリーディスク作成では大活躍

 

ディスクの単価が安い

 

郵送でも実際に会っても受け渡しが簡単にできる

 

 

 

DVD-R/CD-Rのデメリット

 

大容量のデータを移すことができない

 

傷が付けば使えなくなる

 

大容量の場合はディスクの枚数が多くなる

 

 

フラッシュメモリの特徴

 

 

フラッシュメモリは、パソコンのUSB端子に接続するだけで
データを簡単に取り出すことが可能です。

 

 

また、持ち運びも簡単に出来て他のパソコンでも
直ぐに使用ができるというのが最大の特徴と言えます。

 

 

最近では100GBを超えるフラッシュメモリも登場しているようですが
僕自身は、32GBのフラッシュメモリしかもっていないです。

 

 

 

 

大容量のデータを入れていますが
データ移動の時間が長いのがデメリットと言えます。

 

 

SD/SDHCカードというのもありますが、これらは
デジカメやビデオカメラなどで撮影したものを
パソコンにデータ移動をすることができます。

 

 

最近では、車のナビゲータなどやドライブレコーダーなどにも
SD/SDHCカードなどがしようされています。

 

 

 

フラッシュメモリのメリット

 

 

持ち運びがとても簡単

 

小型なので場所を取らない

 

他のパソコンでもすぐに使用可能

 

衝撃に強い

 

 

 

フラッシュメモリのデメリット

 

書き換えの繰り返しによる寿命がある

 

移動中に紛失したりしやすい又は部屋の中でなくなることも

 

データの保存期間に限界がある

 

容量に応じて値段が高い

 

 

外付けハードディスクのメリットなどは
以下でも解説しているので気になる人はチェックしてくださいね。

 

 

外付けハードディスクは便利【6つの便利な理由】

 

 

フラッシュメモリにも寿命がありますが
最近のフラッシュメモリも進化して
寿命が伸びてきているようですね。

 

フラッシュメモリは容量に応じて
確かに値段が高くなります。

 

しかし、たくさんのファイルや画像などや
動画などを保存するなら容量が高くても
仕方ないといえますね。

 

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る