1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

動画編集でのメモリ使用量【こんなにも上昇するのか?!】

動画編集でのメモリ使用量【こんなにも上昇するのか?!】

PR

 

 

動画編集をしている時のメモリ使用量とは
想像を絶するくらいの使用料でした。

 

 

「え?こんなにも上昇するのか?!」

 

「core i7なのに7CPU使用率が100%って・・・」

 

 

動画編集でのメモリ使用量【こんなにも上昇するのか?!】

 

 

タスクマネージャーで、利用率を見たんですが
ほんとうに驚きの数値でした。

 

とくに、CPUの使用率が「100%」なのには
かなり驚きですね。

 

 

動画編集でのメモリ使用量【こんなにも上昇するのか?!】

 

 

core i7だからといって、動画を
軽々編集できるわけでもないみたいですね。

 

更に、動画編集ソフトを立ち上げ
タスクマネージャーで数値を見てみると
メモリの使用率も結構すごいことになってました。

 

 

メモリの使用率は「パフォーマンス」で見ると
「2.9GB」も使っていたんです。

 

 

動画編集でのメモリ使用量【こんなにも上昇するのか?!】

 

 

今現在は増設も何もしていないので
「4GB」なんですよ。

 

なので、半分の使用率だということになります。

 

 

やっぱりね、ここまで使用率が高いと
動画編集をしようというのも
無謀な挑戦なんだと感じさせられます。

 

 

 

パソコンもすぐに熱を持って当然かなぁとも
ホンキで思ってしまいますね。

 

動画を編集する場合には今の現状のスペックでは
少々難しいという感じがしますね。

 

 

動画を編集するならパソコンの最大メモリまで
メモリを増設しても無意味ではないということですね。

 

動画編集はかなりパソコンの性能を
最大限にまで利用するみたいなので
メモリも最大まで増設しないと作業ができません。

 

 

CPUの使用率100%になるので
SSDに交換するのも良いかもしれませんね。

 

 

おまえのPCって買い替えどきじゃないの?

 

 

ひょっとしたら、そう思う人もいるかもしれないですね。

 

 

2016年6月に生産工場で作ったと
オーダーしたメーカーが言ってましたけど。

 

 

動画編集でのメモリ使用量【こんなにも上昇するのか?!】

 

 

新しくても性能的に低いなら
使用率が高くなってもおかしくないでしょう。

 

動画編集をしていて動作が遅いというなら
メモリの増設を考えるのも改善の一つといえますね。

 

 

 

ぼくの経験では、動画を2時間編集して
やっと動画としてファイルにしようと
アップロードしたら編集ソフトが「応答なし」ってなり
動作が停止してしまいましたからね。

 

 

動画編集をするなら最低でも8GBは必要ですし
容量ができるかぎり低い編集ソフトを買って
動画を作成するのも一つの手なんでしょうね。

 

ネットビジネスで動画を使用する場合は
この点にも注意したほうが良いでしょう。

 

↓↓       ↓↓

 

ネットビジネスに使うPCが遅い【メモリ増設3つのメリット】

 

 

2時間かけてせっかく作った動画が完全に
無駄になったわけです。

 

理由は、メモリが完全に不足していたからです。

 

 

なので、ノートパソコンよりも
デスクトップパソコンのほうが良かったかなぁって感じますね。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る