1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

4万円以内で買えるCorei3と5万円以上するCorei5の初期起動を比較

4万円以内で買えるCorei3と5万円以上するCorei5の初期起動を比較

PR

 

 

4万円以内で購入できるCorei3搭載のパソコンが
おどろくほど早くなったことがあります。

 

 

安いパソコンは、確かに購入当初は、性能の高いパソコンには
足元にも及びませんがそれでも、グレードアップをしていけば
それなりに快適なパソコンへと変貌します。

 

 

4万円以内で買えるCorei3と5万円以上するCorei5の初期起動を比較

 

 

なぜなら、HDDをSSDに交換していけば低スペックでも
ノーマルの高性能パソコンにも初期起動で勝てるようになるから。

 

 

例えば、アルトワークスとカローラとでは
値段の差がありますし、軽自動車というハンディがアルトワークスにはあります。

 

基本的には、H7年のノーマルワークスで
トヨタのカローラには後から抜かれてしまいますよね。

 

4万円以内で買えるCorei3と5万円以上するCorei5の初期起動を比較

 

ですが、アルトワークスにチューニングを施すと
余裕で、カローラを抜き去ってしまい
二度とカローラはアルトワークスに追いつくことが出来ません。

 

パソコンでも、グレードアップをしていけば
安いパソコンであっても高性能なパソコンよりも
動作が早くなるのは間違いないと言えます。

 

 

 

ただ、デフラグやディスクのクリーンアップをしたところで
性能は全く上がらないので、また動作が鈍くなるというわけですね。

 

 

僕自身は、色んな性能の低いパソコンに
SSDを取り付けたりメモリを最大にしたりと
結構パソコンを快適にするためにやっていたりします。

 

 

 

SSDに交換をする度に「おぉ?!早くなった!」と
明らかな実感を感じていることが多いですよ。

 

 

CPUの性能だけでパソコンを選ぶと
動作に不満が出てストレスがたまる場合もありますね。

 

そういった場合は、ハードディスクも交換してSSDに交換することで
更に、CPUの真価を発揮することが出来るのです。

 

 

 

あ、そうそう、こんな面白い動画を作成しましたよ。

 

↓      ↓

 

 

 

SSDに交換をすることでパソコンの性能が
大幅に変化するので交換をしてみると良いでしょう。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る