1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

パソコンの電源の切り方【電源ボタンを押さなくても良い方法】

パソコンの電源の切り方【電源ボタンを押さなくても良い方法】

PR

 

 

 

パソコンを始めて使用する時って
電源の切り方なんて本当に分かりませんよね。

 

 

 

僕が初めてパソコンを所有して使用をした頃なんて
電源をいれることが出来たのは良いけど電源を今度は切ることが出来ない・・・

 

 

 

 

電源ボタンを押しても3秒押しで強制終了なので
普通の電化製品と同じように押しても電源は切れないんですよ。

 

 

 

 

 

 

でも、僕は普通の電化製品と同じような感じで
電源をきろうとしていましたよ。

 

 

 

「え?どうやって電源を切るの?」

 

 

「電源ボタンを押しても電源が切れないじゃん・・・」

 

 

 

そんな感じで、結構最初の頃は電源の切り方が分からず
コンセントから直接引き抜いて電源を切っていました。

 

 

最初の頃はそんなものではないでしょうか。

 

 

 

僕の場合は、デスクトップパソコンでしたから
コンセントから引き抜けば、直ぐに電源が切れたので良かったですが
ノートパソコンだったらバッテリーで少しの間動きますから切ることが出来ないんですよね。

 

 

 

実は、コンセントから引き抜いて電源を切ると故障の原因となります。

 

 

 

理由としては、ハードディスクと言われる、パソコンの記憶装置が起動している時に
電源を適切な方法で切らないと壊れてしまうからなんですね。

 

 

 

処理中に電源をいきなり切ってしまうと
故障の原因になるのでやめたほうが良いですよ。

 

 

 

 

さて、パソコンの電源を切ることが出来ないという人に
パソコンの電源の切り方を解説していきたいと思います。

 

 

 

まず、モニター画面の「ウィンドウズマーク」

 

 

 

もしくは「スタート」のところに
矢印を持って行きマウスの左ボタンを押します。

 

 

 

Windows7の場合は「シャットダウン」と書いているので
その「シャットダウン」と書いている部分に矢印を持って行きマウスの左ボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

すると、自動的にパソコンの電源が切れます。

 

 

 

もし、あなたが「Windows Vista」を所有している場合でも
やり方は基本的に変わりはありません。

 

 

 

「Windows XP」の場合は、先ほど説明しましたとおり
「スタート」に矢印を持って行きマウスの左ボタンを押します。

 

 

 

そして「終了オプション」を選択して
「電源を切る」に矢印を持って行きマウスの左ボタンを押します。

 

 

▼動画で詳しく解説しているのでチェックしてみてくださいね▼

 

 

 

パソコンは、いきなり電源を切ると
故障の原因になる場合があります。

 

なので、電源を切る方法を覚えておきましょうね。

 

 

PR

 

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 


 
トップページ 目次 自己紹介 メルマガ登録 お問い合せ