1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

ファイルやフォルダーを簡単に圧縮させる方法

ファイルやフォルダーを簡単に圧縮させる方法

PR

 

 

ファイルやフォルダーなど基本的なことは
最初の頃は余り知らないので全くやらないのではないでしょうか。

 

 

僕自身もファイルの圧縮は、今でもほとんどしないですが
メールでファイルを送りたい場合に圧縮機能を利用するくらいですかね。

 

 

とはいえ、殆ど使用しないデータの場合は
圧縮機能を使いファイルを圧縮させるのも
余計な容量を増やさない秘訣と言えます。

 

 

 

それでも、何でもかんでも圧縮させれば良いというわけではないんですが
覚えておくと結構便利な方法だと言えます。

 

フォルダーの圧縮とは、一体何なのかということを
少し解説をしていきたいと思います。

 

 

フォルダーの圧縮とは、例えば動画などを入れているファイルを
圧縮させる場合に「266Mb」の容量だったとして、これを圧縮させた場合
「260mb」になり、わずかではありますが6mbほど容量が減ったことになります。

 

 

 

例えば、布団などをそのままナイロンなどに入れて
押し入れに入れる場合、結構かさばり場所を取りますが
これを、圧縮させることにより布団がぺっちゃんこになりますので
押入れに何枚か収納ができるっていう感じですかね。

 

圧縮してないと余り布団って押入れに入りませんよね?

 

 

 

ファイルやフォルダーの圧縮方法

 

 

まず、圧縮させたい黄色のファイルアイコンに
画面の矢印を合わせてください。

 

 

次にマウスの右ボタンを押すと
小さな項目表示が出ますので「送る」という項目に画面の矢印を合わせます。

 

 

 

すると、更に小さな項目表示が現れるので
その中の「圧縮(zip形式)フォルダー」をクリックするとフォルダーが圧縮され始めます。

 

ちなみに、「zip形式」とは「ジップけいしき」と呼びます。

 

 

圧縮されたアイコンにはファスナーが付いています。

 

 

圧縮されたファイルには、名前をつけることができるので
わかり易い名前をつけてキーボードの「Enter」というボタンを押してください。

 

 

フォルダーやファイルの圧縮方法は以上となります。

 

 

ファルの容量を圧縮した場合としてない場合と比較したところ
「ディスク上のサイズ」が圧縮する前よりも減っていることがわかります。

 

 

 

 

ファイルを圧縮すると少しは容量が減って
少しづつこまめに圧縮すると動作にも影響でそうな気もします。

 

 

でも、個人的に見た目がちょっと・・・

 

 

動画でも、詳しく解説しているのでチェックしてみてくださいね。

 

↓↓      ↓↓

 

 

 

 

ファイルやフォルダーを圧縮させるという場合は
余り通常は使うことがないかもしれません。

 

ビジネスでは使うこともあるので
覚えていても損はないでしょう。

 

 

 

PR

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 


 
トップページ 目次 自己紹介 メルマガ登録 お問い合せ