1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

ルーターの役割と必要となる条件とは?

ルーターの役割と必要となる条件とは?

PR

 

 

ルーターの役割とは、複数のパソコンを利用する場合に
モデムからネット回線をルーターに接続して使用をするために機器です

 

 

 

ルーターの役割というのは、例えば1階でパソコンとモデムがあるとして
2階にもパソコンを利用したいし、ネットもしたいという場合にルーターを使用します。

 

 

 

ルーターは、無線LAN対応品が多く、ルーター独自で無線LAN機能のあるパソコンに対して
利用をすることも可能になるので、1階でネットをしても遠くにある2回の部屋まで
配線を引っ張らなくて良いのでルーターというのは大変便利なものと言えます。

 

 

僕自身も、過去に初めてルーターというのを
接続した経験がありますが、昔のルーターというのは
大変設定が難しくネット回線も途切れることは普通でしたし
早さを求めてはいけないというのも事実だったと記憶しています。

 

 

 

 

過去に購入したルーター自体はとても安いものだったので
設定も難しく、ネット回線も途切れやすかったのかもしれないですね。

 

 

 

僕のネット回線は「J:com」に契約をしてネットを現在していますが
複数のパソコンを利用するために、ルーターというのを使用しています。

 

 

 

ルーターには、ネット回線を接続できる穴が4つ付いているものと
3つしか穴がないルーターが存在しますが、利用する環境に応じて
ネット回線の接続穴の数の多いルーターを選ぶことが重要なポイントと言えます。

 

 

僕自身は、2つのパソコンをネット回線に接続していますが
家族もパソコンを利用するので最低でも4つほどネット回線を接続できないといけないわけですね。

 

 

ルーターを購入すべき理由

 

 

ルーターは、先程も説明しましたとおり
複数のパソコンを利用するために使用するものです。

 

 

なので、この先永久に、1つしかパソコンを使用しないという場合は
ルーターを購入してもほとんど意味が無いと言えます。

 

 

 

また、ルーターを購入してネット回線に接続をしても
ネット回線の性能以上に、ネット回線は早くはならないので誤解しないでくださいね。

 

 

 

ただ、ネット回線の性能をフルに活用をしたい場合は
通信速度の数字が高いルーターを選ぶといいでしょう。

 

 

逆に、性能の低いルーターの場合は、ネット回線の性能を
フルに発揮できないので通信速度も低下しやすいと言えます。

 

 

ルーターの通信速度の数字が高いとネット回線が早くなるということを
平気で言う人もいますが、現状のプランの性能以上には回線速度は上がりません。

 

 

ですが、通信速度の数字が高いとネット回線がつながりやすくなるのは事実です。

 

 

この辺は非常に誤解しやすい部分であり
大きな落とし穴になるので注意が必要と言えます。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る