1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

ルーター選びで失敗しない重要視すべきポイントとは?

ルーター選びで失敗しない重要視すべきポイントとは?

PR

 

 

 

ルーターを適当に安いものを選んでしまうと
かなりの確率で、失敗してしまいます。

 

 

僕自身も経験をしていることでもありますが安いからといって飛びついた挙句に
通信速度をフルに活用できないルーターを選んでしまいました。

 

 

このおかげで、ネット回線の遅さに対し
ストレスをためる結果となったことがあります。

 

 

 

 

 

 

ルーターを選ぶ時に、よく目にする「○○○Mbpsの高速通信」というこの表記は
最大通信速度を意味しています。

 

 

 

Mbpsというのは、Mega bit per secondの略になりますが
読み方としては、メガビットパーセコンドと読みます。

 

 

 

○○○Mbpsという○○○に含まれる数字が
高ければ、性能の高い高速な通信速度を誇るルーターと考えて間違いないです。

 

 

 

ルーターの中で、無線LAN専用というルーターは見たことが無いですが
無線LANで使用するという場合は、有線で使用する場合よりも回線が遅いのが普通です。

 

 

ですが、無線LANは、電波での通信となっているので
環境によっては、通信速度が変化します。

 

 

 

僕も無線でネットを指定たことがありますが
特にネット回線の不都合というのを感じたことがありませんし
遅いということも感じたことが無いです。

 

 

 

ルーター選びでチェックをしておくべきポイントは
以下の通りとなります。

 

 

通信規格

 

最大通信速度

 

 

 

僕自身が、今回ルーターを選んだポイントは
「通信規格」「最大通信速度」の2つのポイントです。

 

 

通信規格としては「11ac」という規格のルーターを選びました。

 

 

これは、2014年1月にWi-Fi規格「IEEE802.11ac(以下11ac)」は
従来のルーターに採用されていた11n(理論速度 600Mbps)と比較して
1.5倍の高速通信を実現している規格です。

 

 

僕自身は、Wi-Fiを持っていないのですが
この先、使用する可能性もあるので最高のものを選びました。

 

 

 

 

今回購入したルーターの場合は「MIMO」という技術で
最大8本の米粒程度の大きさのアンテナを内部に取り付けて通信を高速化をさせています。

 

 

従来のルーターを道路に例えれば、4つの車線で走行しているところを
8つの車線をフルに使って走ることが出来るみたいな、そんな感じですね。

 

 

今回購入したNECのルーター「AtermWG1800HP2」の最大通信速度は
1300Mbpsなので、結構高速なルーターと言えます。

 

 

楽天で「12,510円」で販売されていたのですが
ケーズデンキでは「15000円」で販売されていました。

 

ルーターを買い換えるなら以下のサイトをチェックしてみると
あなたに最適なルーターが見つかるかもしれないですね。

 

↓↓          ↓↓

 

安くて性能の高いルーターの詳細はこちら

 

 

更に、同じタイプで同じ形状のルーターが他にもありますが
最大通信速度が異なります。

 

これが違うだけでも、結構値段が変わってくるのですが
ストレスを感じたくない場合は、通信規格や最大通信速度もチェックしていくと良いでしょう。

 

 

 

PR

 

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る