1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

プロバイダ乗り換えをする場合の賢い3つの選び方

プロバイダ乗り換えをする場合の賢い3つの選び方

PR

 

 

 

プロバイダを乗り換えるという場合はよっぽどのことがない限りは
一番早い回線にするのが鉄則ですよね。

 

僕自身が契約しているのは中間くらいの回線速度で
一番早い回線ではないんですよ。

 

 

やはり、ネットが遅いとかダウンロードが遅いと感じて
乗り換えを考えているなら、更に快適が今より良くなくては
ほんとうに意味が無いですし乗換える意味もないですよね。

 

プロバイダ乗り換えをする場合の賢い3つの選び方

 

僕の場合は、色々と失敗していて以前契約をしていたプロバイダよりも遅く
しかも、キャンペーンもしていなかったんです。

 

今回、僕の経験を含めて
プロバイダに乗り換える場合のポイントを解説していきます。

 

 

光ファイバにするか、ADSLにするか

 

サービスで選ぶ

 

キャンペーンを活用する

 

光ファイバにするかADSLにするかを
まず考えるべきですが、快適さを求めるなら
当然、光ファイバを選ぶことになります。

 

光ファイバの魅力といえば、回線の早さにあります

 

 

 

インターネットでテレビを見たりフリーソフトをよくダウンロードをするとか
そういった場合に、待たされるという感覚は
殆ど無いというのが光ファイバの魅力といえます。

 

 

プロバイダ乗り換えをする場合の賢い3つの選び方

 

 

ADSLに比べれば、そこそこの値段がするので
値段を重視している人にとっては光ファイバは
嫌われる傾向になるようですね。

 

 

 

光ファイバは、ネットで仕事をするという人や
ネットゲームをプレイするという人にとっては
最適なネット回線方法と言えます。

 

ADSLの場合は、アナログ電話回線を利用した
高速インターネット接続です。

 

 

 

僕自身は、確かヤフーBBでADSLを利用した記憶があります。

 

おどろくほど遅いネット回線で
ストレスが溜まりまくっていたのを思い出します。

 

 

 

今ではフレッツ光と同じ回線ですのでどこも同じです。

 

 

 

月額費用は、光ファイバよりも2〜3割も安いのですが
初期費用が逆に高いのがデメリットとなります。

 

また、回線速度にばらつきがあるというのも
ストレスが溜まる原因の一つと言えますね。

 

 

 

次に、プロバイダ乗り換えをする場合は
サービスにも重点を置くと良いですね。

 

 

J:COMの場合は工事費が0円だったのですが
パソコン設定と工事費共に、なぜか料金に含まれていました。

 

まあ、自身がない場合はモデムの取り付けなどや
パソコンの設定などをしてもらえるプロバイダが良いですね。

 

プロバイダ乗り換えをする場合の賢い3つの選び方

 

 

最近のネット回線は、あまり回線速度が変わらないので
キャンペーンで、他と違うことをしているプロバイダが多いですね。

 

例えば「初期費用無料+5カ月間無料」とか
工事出張料無料だとかあります。

 

 

 

中でも、WEB限定のプレゼントのあるプロバイダは
電気屋さんで申し込むよりもお得な場合が非常に多いですね。

 

でも、フレッツ光で申し込むと豪華な特典がある場合もありますね。

 

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る