1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

プロバイダの失敗しないADSLの選び方

プロバイダの失敗しないADSLの選び方

PR

 

 

 

初めてプロバイダに契約をする場合に
ADSLによってネット回線速度が変化します。

 

ADSLには、「1M、1.5M、8M、12M、24M」など
種類が増えていますが、一体どれにすれば良いのかなぁって
最初の契約時にすごく悩んでしまいますよね。

 

プロバイダの失敗しないADSLの選び方

 

あなたの使用目的によって、ネット回線速度は変化しますので
ただ、安いからといって値段だけで飛びついていると
落とし穴に簡単にはまるってことが非常に多いです。

 

 

ADSLの加入者って、かなりの人が使用していますが
サービスなどもプロバイダによっては、多種多様になって
どこも個性を出そうと必死に頑張っているのが伺えます。

 

 

 

その中でサービスやプレゼント等や値段で
惑わされないように解説をしていきますが
「1M、1.5M、8M、12M、24M」の違いはネット回線速度にあります。

 

つまり、インターネットに接続する回線速度が
早いか遅いかの違いになりますが、数字が多くなればなるほど
ネット回線は早くなりますよ。

 

プロバイダの失敗しないADSLの選び方

 

ADSLのタイプによってこの数字が割り当てられていて
同じ機器に見えて、全く性能が違うことが多いです。

 

 

 

例えば、信号機のない道路で最高制限速度が60キロの道路と
40キロの道路では、一体どちらが速いかといえば
当然、60キロのほうが圧倒的に早いですよね。

 

道路では車が走りますがネットではデータが通るんです。

 

 

 

データの転送速度が早くなれば
ホームページなどの表皮が早くなりますし
ソフトのダウンロードも早くなったりします。

 

アナログ回線で接続をしている人は最高56kbpsですが
ADSLの場合は、1Mで1000kbps、12Mで12000kbpsなので
ものすごく回線速度も変わってくるんですよ。

 

 

 

ADSLを実際に導入をして見ると実際の速度と
最大速度が大きく異なることがあります。

 

実は、広告で謳われている12Mとか24Mは
回線の最大速度なのですが実はコレがクセモノだったりします(; ̄Θ ̄A アセアセ

 

 

 

何も知らない場合は
見せかけだけの早さに騙されることもあります。

 

ADSLっていうのは、ユーザーのNTT収容局から
距離や回線状態により実際の回線速度とは
大きく異なってしまう特性があります。

 

プロバイダの失敗しないADSLの選び方

 

 

つまり、24Mのサービスを利用したとしても実際のネット回線速度は24Mで
接続できるわけではないということになりますね。

 

実は、低速のネット回線が狙い目の場合もあります。

 

 

 

理由としては、高速化競争が激化している中でも
1Mタイプのような低速のADSLも登場しています。

 

回線速度はなるべく早いほうが良い」と思っている人は
非常に多いのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、必ずと言ってそうともかぎりません。

 

 

 

理由としては、NTT収容局までの距離が短い場合で
伝送損失が少ない環境でもネット回線が早いADSLにしていても
利用しているプロバイダのネットワークが混雑していたり
接続先のサーバーが混雑しているという場合は極端に速度が低下します。

 

 

 

例えば、いつもは、100キロで走れる高速道路が
休日で混雑して渋滞になってしまうと目的地まで時間がかかります。

 

ネットも、利用する人が集中してしまうと
サイトの表示速度が低下してしまうんですよ。

 

 

 

なので、ADSLの回線が早くても全く意味がなくなるというわけですね。

 

パソコンが古い場合は更に
ネット回線が遅くなるので注意が必要となりますよ。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る