1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

SSDが故障をするとどういう症状になる?【使用構成で延命できる】

SSDが故障をするとどういう症状になる?【使用構成で延命できる】

PR

 

 

 

SSDが故障をするとどうなるかについて解説をしていきますが
さて、故障の前兆ってほんとうにあるのか疑問ですね。

 

 

僕自身はSSDが故障をしたという経験がないので
どういう症状が出るのかは分かりません。

 

 

 

 

ですが、SSDって寿命なんて
最近のは考える必要はないんですよ。

 

 

なぜなら、8年間使用していたSSDを過去に
動作に悪いノートパソコン所有者に売っちゃいましたが
まあ、今でも元気にSSDとして活動をしているからですよ。

 

 

 

まあね、動作が遅いと感じたらSSDに交換をすることを
検討しても良いですが最初に、色々とクリーンアップやら
デフラグやらおこなってから交換を検討してもよいと言えますね。

 

動作を飛躍的に上げたいという場合は
SSDをパソコン内部のハードディスクと交換をすると本当に良いです。

 

 

 

SSDは、最初からパソコンに取り付けられているハードディスクとは
全く構造が異なるので故障しにくいという特徴があったりするんですよ。

 

動作の悪いパソコンSSDを取り付けた結果を
動画で解説をしていましたが・・・

 

 

 

さてさて、その動画にコメントされて少し上機嫌な僕なんですが
内容を読んでみると動画で言っていることと同じことを
アドバイスされていたりしてました。

 

 

SSDに交換をすると動作が遅いパソコンが飛躍的に早くなるということを
動画で伝えていたのですが、どうやら最後まで聞いてなかったようですね。

 

 

じゃあ、そのコメントをしてくれた人に
SSDが故障した時の症状を聞きましょうか?(え・・)

 

 

いやまあ、それはそれとして・・・

 

 

 

最近のSSDは、寿命が飛躍的に向上しているので
短命なSSDというのは中古でものすごく古いものくらいでしょうね。

 

 

 

SSDの寿命を飛躍的に向上させたいという場合は
パソコン本体にデータを保存するんじゃなくて
外付けハードディスクにデータを保存するようにしたほうが
SSDの寿命は確かに伸びると言えますね。

 

 

 

それに、動作の早さも維持できるので
出来る限りは、外付けハードディスクにデータを
保存をするように心がければSSDに負担をかけることもないでしょう。

 

SSDも、やはり、ハードディスクと同じで
故障してしまうと突然起動しなくなる危険もあるので
バックアップのとっておく必要がありますけどね。

 

 

例えば、バックアップをとらないで
そのまま使用を続けていると、いきなり
パソコンが起動しなくなると大事なデータすら取り出せなくなるんですよ。

 

 

でも、しっかりとバックアップをとっていると
いきなりの故障でも慌てなくても済みます。

 

 

バックアップも外付けハードディスクに
保存をしていると良いでしょうね。

 

外付けハードディスクはSSDの寿命を延ばすための
必須アイテムと言えますね。

 

 

なぜなら、外付けハードディスクにデータを保存することで
パソコン本体にあるSSDにデータを蓄積させて
動作を鈍らせる原因になりにくいからです。

 

 

外付けハードディスクにデータに関しては
以下のページで具体的に解説しているので
参考にしてみてくださいね。

 

↓↓      ↓↓

 

 

 

SSDが故障をすると電源を入れても
画面が真っ黒になる可能性があります。

 

なので、常にバックアップをとっていたほうが良いでしょう。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る