1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

パソコンが快適な動作をする最も最適な温度とは?

パソコンが快適な動作をする最も最適な温度とは?

PR

 

 

パソコンが快適な動作ができるという温度というのは
僕のデスクトップパソコンを例にすると「温度 10-35℃」ですね。

 

 

結構温度の枠が狭い感じがしますが
僕の部屋って5畳半なんですが夏だと40度まで上がりますし
冬などは10度まで落ちていることを確認したことがありますね。

 

今、H520Sのスペック表を見ると「温度 10-35℃」となっていて
「え?そんなに低い温度が適正温度だったの?」って超びっくりしました。

 

 

まあ、パソコンの動作に影響する温度というのは
ノートパソコンでもデスクトップパソコンでもあるので
動作を快適にするという意味では部屋の温度も重要な要素となるようです。

 

 

 

この温度によって、パソコンの故障や動作などにも影響してくるから
温度をしっかりと管理すると快適にパソコンも動作すると考えて良いと言えます。

 

 

 

 

理由としては

 

 

夏にかけてノートパソコンというのは
とても熱を持ちやすくなるので動作が遅くなる傾向にあるからですね。

 

 

これは、ノートパソコンのように部品同士が密着しているから
症状も極端に出るんだと思いますが、デスクトップパソコンも
やはり、暑い部屋の中だと動作に影響を及ぼす危険もあるわけです。

 

 

 

 

なぜなら

 

 

パソコンに熱を持ちすぎると、中にある部品が変形してしまったり
機器が暴走をしてしまう危険があるからです。

 

 

 

熱暴走というのは、ある一定の温度になると
処理能力が著しく低下して、フリーズなどが起こりやすくなります。

 

パソコンの中で一番熱を持ちやすいのが「CPU」で
次に「ハードディスク」という順番となりますね。

 

 

 

僕自身の場合は、デスクトップパソコンでもパソコンが熱を持ち
極端に初期起動が遅かったので、デフラグやクリーンアップなどをしたのですが

 

 

 

これが、全く改善ならず・・・

 

 

 

そこで、パソコンのカバーを開けてみると
ヒートシンクなどにホコリがびっしりと付いていたわけなんですよ。

 

 

そして、ヒートシンクだけではなくファンなどにも
結構ホコリが溜まっていたりしましたので
これを綺麗にしたわけですよ。

 

 

 

すると

 

 

動作が快適になりストレスを感じるような事は
今では全く無いですよ。

 

 

 

パソコンのスペック表で快適な温度を記載されているので
ネットで調べてみるというのも良いかもしれませんね。

 

パソコンは熱を持つと動作が鈍くなるので
「なんかおかしいなぁ」って感じたら一度中を確認してみると良いでしょうね。

 

 

パソコン内にホコリが詰まっていた時のことは
以下のページで詳しく解説しているので
そちらも参考にしてみてくださいね。

 

↓↓         ↓↓

 

 

 

パソコンの内部の温度は
実はあまり気にすることはないんです。

 

なぜなら、CPUの限界温度に達する前に
ファンが回りCPUや他の部品の温度を下げるからです。

 

 

ですが内部に誇りが溜まっている状態の場合は
いくらファンが回っても温度は下が理にくいので要注意です。

 

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る