1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

パソコンの寿命を劇的に3倍に延ばす方法!

パソコンの寿命を劇的に3倍に延ばす方法!

PR

 

 

僕自身も行っているパソコンの寿命を延ばす秘策があります。

 

 

ですが、これは、パソコンを所有して1年以上の方にはもはや、当然の話しかもしれないですが
ハードディスクに負担をかけないように使用すればパソコンの寿命は飛躍的に上がります。

 

 

パソコンの電源を頻繁にON・OFFを繰り返していると
ハードディスクに負担をかけているので、その度に寿命は
ドンドン消耗していると考えて良いでしょう。

 

 

理由は、パソコンというのは電源をいれる度に
データをハードディスクに読み出したりしていますのでその分消耗をしているわけなのです。

 

 

ハードディスクというのは1秒間に70〜100回転ほどしていると言われていますが
かなりの超高速回転で動いていたりします。

 

 

 

 

なので、何度も電源を入れたり切ったりしていると
物理的に破損する可能性が高くなっていくわけなんですよ。

 

 

Windowsがスタンバイ状態になっている状態でも
ハードディスクは一旦動きが停止していますが
Windowsが再び動き出すとハードディスクも当然動き出します。

 

 

電気代のことを考えれば、スタンバイ状態のほうが
エコロジーなのですが、パソコンのことを考えれば
電源を入れっぱなしでなにもしないほうが寿命を縮めにくいと言えます。

 

 

スタンバイ状態を解除するほうがハードディスクにとっても
かなり優しいし、寿命を縮めにくくする方法でもあります。

 

 

初めてパソコンをする人向けのパソコン雑誌には
退席する時間が長い場合はスタンバイ状態にするほうが良いと
書かれていたりしますが、やはり、ハードディスクの寿命を考えれば
電源入れっぱなしにしていたほうが良いということになります。

 

 

 

 

デフラグなども、毎日行うとか1周間に一度行うということは
寿命を縮めている行為になりますのでお勧めはしません。

 

 

半年に一度又は、動作が鈍くなったと感じた時に
デフラグをするほうがハードディスクに負担をかけることが少なくなるので寿命を延ばすことになります。

 

 

 

デフラグというのは、ハードディスクに負担をかけているので
過度なデフラグは、実はやめていたほうが良いし、寿命を縮めるだけなので何も良いことはないんですよね。

 

 

なので、デフラグも半年に一度位を目安にしたほうが無難と言えますね。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る