1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

デフラグ中に行なう4つの危険とは?【デフラグを何度もすると壊れる可能性あり】

デフラグ中に行なう4つの危険とは?【デフラグを何度もすると壊れる可能性あり】

PR

 

 

デフラグは、ハードディスクでも
やり過ぎると寿命を縮めてしまいます。

 

 

どうして、デフラグをやり過ぎるとハードディスクの寿命を縮めるのか?

 

 

理由は、デフラグ中のハードディスクの作業といえば
最適な一にデータを移動して書き込みという処理を行っていて
ハードディスク領域全体に連続的な負担を要求しているから寿命を縮めるのです。

 

 

デフラグは適度にすれば、ハードディスクの寿命を
飛躍的に伸ばすことが出来てしまうのですが
適度というのがほんとうに重要なんですよ。

 

 

 

ハードディスクをデフラグをする場合は、動作が遅くなったと感じたり
半年に一度という目安でおこなうことが最適な方法であり
ハードディスクの寿命をのばす秘訣とも言えます。

 

 

ハードディスクが故障する原因というのは、動作環境の温度の上昇であり
過激な発熱を起こした場合に、ハードディスクは故障する可能性が高いと言えます。

 

 

また、ハードディスクというのは、衝撃などや振動にとても弱いので
内部の機械の接触などが起これば簡単に壊れてしまいます。

 

 

 

これを、クラッシュと言います。

 

 

 

クラッシュしたハードディスクは復旧することが可能ですが
パソコンショップで依頼するとなると結構高い値段になることが多いです。

 

 

なので、ハードディスクの取り扱いはとても慎重に行うべきとも言えますね。

 

 

さて、デフラグ中にいろいろな作業をしたくなるものなんですが
以下の様な行為はしないほうが良いでしょう。

 

デフラグ中に本体・HDDを揺らす

 

デフラグ中に電源を落とす。落雷・停電に注意

 

デフラグ中に作業を行う

 

デフラグ中にファイルの読み書き・移動・消去を行う

 

先程も書きましたとおり、ハードディスクはとても精密な機械ですので
デフラグ中は特に慎重におこないたいものですね。

 

 

パソコンに内蔵されているデフラグツールでも十分デフラグは可能ですが
ファイルを選んでデフラグをする場合は以下のページで紹介しているツールが役立ちます。

 

↓↓          ↓↓

 

自由度の高いデフラグツールDefragglerの評価

 

 

しかし、最近のパソコンってかなり進化しているから
中々壊れないみたいですけどね。

 

でも、万が一のことを考えて
デフラグ中はなにもしないことをオススメします。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る