1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

Windows7の(C)ローカルディスクが容量不足【PCの寿命をのばす】

Windows7の(C)ローカルディスクが容量不足【PCの寿命をのばす】

PR

 

 

Windows7の(C)ローカルディスクが容量不足となりましたので
容量を増やすための作業を行い、パソコンの動作を快適にします。

 

 

それにしても、Windows7の(C)ローカルディスクが
レッドの帯に変化していたので少し驚きましたよ。

 

(C)ローカルディスクの容量を増やすための作業をしていきますよ。

 

 

 

(C)ローカルディスクの容量が不足ていない場合は
青い帯で表示されているんです。

 

容量が不足に近くなってくると赤い帯に変化していくわけですが
(C)ローカルディスクの容量不足を解消する方法を解説していきます。

 

 

まず、僕自身は動画などや画像などやサイト作成など
色々と、(C)ローカルディスクの容量が不足する原因を作っているわけですが
完成した動画や、不要な画像などは外付けハードディスクに保存していきました。

 

 

動画や画像が多く17.4GBもパソコン内蔵のハードディスクの方に
保存されている形になっていた
ので、これが原因で
(C)ローカルディスクの容量がいっぱいになろうとしていたわけです。

 

 

この画像や動画を外付けハードディスクに
全て移動させたのでパソコンの動作が快適になるはずですね。

 

 

一応、数値的には、動画や画像を外付けハードディスクに
移動する前の使用領域と移動した後の使用領域を比較してみました。

 

 

動画&画像移動前:91.7GB

 

動画&画像移動後:74.3GB

 

 

移動前と移動後を比較してみると
「17.4GB」も容量が減ったことになりますね。

 

 

このまま、容量を増やし続けると
(C)ローカルディスクの容量は間違いなく一杯近くなり
動作も鈍くなっていったに違いありません。

 

例えば、水を入れたバケツを持ったまま走っていると
ものすごく疲れるし体も暖かくなります。

 

 

 

パソコンも、(C)ローカルディスクに
ドンドン画像や動画などで容量を増やし続けると
動作が鈍くなっていきます。

 

なので、定期的に確認をするのが一番なのでしょうね。

 

 

 

結論としては、(C)ローカルディスクの容量が一杯にならないように
外付けハードディスクに、出来る限りのデータは保存していくことが
パソコンの寿命をのばすことになり快適な動作を維持する秘訣でもあるのでしょう。

 

 

パソコンの不要なデータを移動させたいという場合は
こんな周辺機器が役に立つから活用してみてはいかがですか?

 

↓       ↓

 

データ移動に便利な周辺機器で移動も可能!

 

 

パソコン本体に画像や動画をたくさん保存していると
動作が鈍くなりますし使用領域も極端に増えてしまいます。

 

なので、外付けハードディスクに
いらない画像や見ない動画は
移動させていたほうが良いですね。

 

 

PR

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る