1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

1年経ったパソコンと同じパソコンの新品時と比較

1年経ったパソコンと同じパソコンの新品時と比較

PR

 

 

現在使っているデスクトップパソコンは
2014年に購入をしました。

 

2014年と言っても1月なんですが
本当に、月日が経過するのは速いもので
購入をしてから1年が経過しました。

 

1年経ったパソコンと同じパソコンの新品時と比較

 

現在のデスクトップパソコンが
初めて家に来た時は期待に胸を膨らませて
箱から開封してパソコンをセットしたんです。

 

 

4コアのパソコンってどれくらい速いのかなぁ

 

 

そんな期待をして起動をさせんですよ。

 

いやぁ、あの頃はサクサク起動して
ネット回線も機敏にサイトが見れたんですよ。

 

 

本当に快適だったと記憶しています。

 

今現在でも、性能的には
落ちていないはずですし初期起動も
余り変わっていないはずですよ。

 

1年経ったパソコンと同じパソコンの新品時と比較

 

確かに、ハードディスクの容量は
新品時と比較すると半分以上が
使用領域になっていますけど
それでも、快適性は失われていないはず。

 

そう思って比較をしてみたわけです。

 

 

同じパソコンなのに新品時と比較できないのでは?

 

そう、あなたは思うかもしれないですね。

 

 

実は、新品時に初期起動を計測するため
動画をとってユーチューブにアップしていたんです。

 

その動画と、現在の
初期起動を比較したわけですよ。

 

 

で、比較をしたわけなんですが・・・

 

 

若干、初期起動が遅くなっていたんですよ。

 

やっぱりね、ハードディスクの容量が
ほとんど空き領域がないから
初期起動も遅くなっているんでしょうね。

 

 

そして、起動時に表示されるアプリも
最初に比べて増えていますからね。

 

それも原因だと考えられます。

 

 

同じパソコンで新品時と
1年後とを比較してみたので
興味ある人は動画を見て下さいね。

 

↓↓       ↓↓

 

 

 

 

まあ、この動画を見て「当然だろ」とか
「条件が違いすぎる」と思う人がいるかもしれません。

 

 

まず、同一のパソコンで新品時と
古くなった状態とを比較することで
どれくらい速度に変化が出たかは
誰もわからない情報です。

 

当グログには「当然」とか「常識」という固定概念で
記事や動画を作成していません。

 

 

常に、どういう変化が出ているのかを
リアルに見せるのが情報配信者として本来の姿でしょう。

 

 

更に、条件が違いすぎるのは
おかしな話です。

 

 

なぜなら、同一のパソコンで
同一の性能を持っているから
条件が違いすぎるわけがないんです。

 

条件が違うのは古いか新しいかの違い。

 

 

当ページでは、その古い状態と
新しい状態の比較なので
条件が違って当然なんです。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る