1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

パソコンの動作が鈍くなったら確認すべきものとは?

パソコンの動作が鈍くなったら確認すべきものとは?

PR

 

 

パソコンの動作が鈍くなってきたら
結構ストレスが溜まってしまいますね。

 

パソコンの動作が鈍くなってきたら
僕自身がいつも確認をしている部分があるんです。

 

パソコンの動作が鈍くなったら確認すべきものとは?

 

それは、ハードディスクの容量ですね。

 

 

ハードディスクの空き容量の表示の仕方は
以下のページで解説しているので
やり方が分からない人はチェックしてみてくださいね。

 

↓↓       ↓↓

 

内蔵ハードディスクの空き容量が少ない場合の対処

 

 

パソコンの動作が鈍くなったら確認すべきものとは?

 

 

やっぱりね、パソコンを使っていると
ハードディスクの容量って空き容量が減っていくのが早いですよ。

 

僕自身は、パソコンにデータを溜め込んでいるので
ハードディスクの容量も半端無く速く容量がいっぱいになってしまうんです。

 

 

 

僕自身もパソコンを初めて使用していた頃は
外付けハードディスクケースなんて全く知らなかったんです。

 

そういったハードディスクを知るようになってからは
外付けハードディスクにデータを保存するようにしていますよ。

 

 

なぜなら、外付けハードディスクにデータを保存することで
本体のハードディスクに余計な負担がかかることが少なくなり
寿命も飛躍的に向上しやすいからです。

 

でもですね、500GBのハードディスクはダメですね。

 

 

パソコンの動作が鈍くなったら確認すべきものとは?

 

 

すぐに空き容量が無くなってしまいますから
もっと容量の高いハードディスクを買って
外付けハードディスクとして使うほうが良いかもしれません。

 

僕自身が使っているのは
一つのハードディスクしか使えないタイプのものですが
ハードディスク自体は交換をすることが出来るタイプです。

 

 

外付けハードディスクによっては
2つのハードディスクをセットすることが出来て
2つのハードディスクにデータを送ったりすることが出来ます。

 

そろそろ、そういった外付けハードディスクを買ったほうが
僕的には良いんじゃないかと思っているんですが
なかなか良い製品が見つからないんですよね。

 

 

 

パソコンの動作を新品時からある程度維持するには
外付けハードディスクにデータを保存していけば
本体のハードディスクに余計な負担をかけることも少なくなりますよ。

 

外付けハードディスクケースは、こういったメリットがあるから
データ保存のために購入を検討しても良いでしょうね。

 

↓↓       ↓↓

 

外付けハードディスクケースのメリットとデメリット

 

 

外付けハードディスクの使い方って
特に決まりはないから色々な使い方をしても良いかもです。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る