1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

パソコンの動作が遅い理由【使用領域が85%】

パソコンの動作が遅い理由【使用領域が85%】

PR

 

 

パソコンの動作が遅い理由って
ほんとうに色々とありますよねぇ。

 

僕自身が経験したのは、ハードディスクの容量がいっぱいになり
ハードディスクの使用領域が85%にまでなったことがあるんです。

 

パソコンの動作が遅い理由【使用領域が85%】

 

そういった場合は、アプリでもすぐに
固まった状態になったり、ハードディスクが加熱しやすくなったり
動作が遅くなってしまったりと、良い事は殆ど無かったですね。

 

そういった場合に、不要なファルやいらない画像などを消したりして
なんとか、ハードディスクの使用領域を減らすように努力をしたことがあります。

 

 

でも、消す訳にはいかない思い出の画像などや
どうしても、仕事で使うファイルや動画などのデータもあったり
ハードディスクの使用領域を減らすことが出来ないことがあります。

 

そういった場合は「外付けハードディスク」が
ほんとうに便利といえます。

 

 

パソコンの動作が遅い理由【使用領域が85%】

 

 

なぜなら、普段は使わない画像や動画などは
外部記憶装置である外付けハードディスクにデータを転送させれば
それだけ、ハードディスクの使用領域を減らすことができるからです。

 

 

 

データを外部記憶装置に転送させたことで
パソコンの方はサクサク動作するようになる可能性も上がりますし
何よりも、ハードディスクの寿命をのばすことも出来ます。

 

 

外付けハードディスクと言っても
種類があり、更にメリットデメリットが違うため
目的によって選ぶ必要があります。

 

どういう種類があるのかはこちらで解説しています。

 

↓↓      ↓↓

 

外付けHDDの2つの種類の特徴とメリット

 

 

パソコンの動作を上げる方法はたくさんありますが
一番安全な方法としては、外付けハードディスクに
必要ない画像などやファイルを移動させるという方法ですね。

 

どうして、移動させるのが良いかは、パソコン本体に保存すると
それだけハードディスクに負担がかかるからです。

 

 

更に、ハードディスクの容量もいっぱいになり
パソコンの動作に影響が出始めるという問題も起きますね。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る