1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

動作が遅いなんて言わせない!Diskeeperの効果とは?

動作が遅いなんて言わせない!Diskeeperの効果とは?

PR

 

 

最近、パソコンの動作に関しては
不満も一切なかったのですが「Diskeeper」というツールに関して
とても興味をもったので無料版をダウンロードしてみました。

 

僕自身がダウンロードしたのは「Diskeeper15」ですが
システムパフォーマンスの改善は当日の12時以降に行われるみたいです。

 

動作が遅いなんて言わせない!Diskeeperの効果とは?

 

しかし、午前12時って仕事しているから
パソコンの電源なんて付いていないんですよね。

 

なので、どうなるかはとても興味深いものとなります。

 

 

当然、作業のじゃまをしたら
即効でアンインストールしますけどね(; ̄Θ ̄A アセアセ

 

 

 

「Diskeeper15」って何をするものかといえば
断片化の防止などやパフォーマンスの低下を防止し
最適化を自動で行うというツールのようです。

 

自動でデフラグをするのですが
動作に影響はなく、作業の邪魔をしないというメリット付きですよ。

 

 

動作が遅いなんて言わせない!Diskeeperの効果とは?

 

 

Diskeeperは、バックグラウンドで
自動的にデフラグを行うのでパソコンの動作に影響を与えないようです。

 

動作に影響を与えないのに
パフォーマンスを向上させていくのはありがたいですね。

 

 

 

僕自身も、ブログやサイトなどの更新をすることが多々あるので
こうした作業の邪魔をされるツールはストレスが溜まってしまいます。

 

Diskeeperをインストールした時点で
デフラグは自動で行えるようになりますよ。

 

 

 

SSD装着パソコンは「HyperFast」を有効に設定することで
自動でデフラグを行うようになり、しかも、SSD専用に
最適化処理をしてくれるのでかなり賢いツールと言えますね。

 

 

 

また、SSDやHDDなどの種類は全く関係なしで
デフラグを確実にして最適化までしてくれるのですから
こんなに良いツールはありませんね。

 

さて、まだ何も改善されていない状態での初期起動は
48秒という結果となりました。

 

 

動作が遅いなんて言わせない!Diskeeperの効果とは?

 

 

パフォーマンスの改善がされれば
これ以上になるのかもしれませんが期待はできます。

 

 

ハードディスク等やSSDの性能を最大限に活かしたいなら
こちらのツールを試し見ると良いですね。

 

↓↓         ↓↓

 

自動でHDD最適化!作業のじゃまをしないDiskeeper12

 

 

ハードディスクやSSDを快適にしたい場合は
やっぱりツールを利用すると良いですね。

 

デフラグツールはたくさんありますが
「Diskeeper」はパソコンの不要なファイルを
除去してくれやすいですね。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る