1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

SATA2マザーボードにSATA3のSSD装着した結果

SATA2マザーボードにSATA3のSSD装着した結果

PR

 

 

SATA2マザーボードにインターフェースが
SATA3のSSDが装着できるか
初めて交換をする場合は不安になったことがあります。

 

SATA2マザーボードにSATA3のSSD装着した結果

 

色々と調べた結果ですが、どちらも交互性はあり
装着も可能ということがわかりました。

 

僕自身も、SSDを何度も取り付けていますが
基本的には、SSDはハードディスクと違って
SATAの理論値の上限ギリギリまで性能を引き出せます。

 

 

 

なので、マザーボードがSATA2までしか対応していなくても
SATA3の性能は十分引き出せるということになります。

 

また、ハードディスクとSSDの性能にもよりますが
ハードディスクはシーケンシャルリードで
大体ですが150〜180MB/sくらいですね。

 

 

 

なので、SATA2.0と3.0であっても
ハードディスクなら余り変わらないということになります。

 

最新のSSDを「CrystalDiskMark」で計測したら
500〜550MB/sでるようで、SATAが600MB/sなので
上限に近い性能は引き出せるということになります。

 

 

 

「CrystalDiskMark」で昔にハードディスクとSSDを比較したことがありますが
そのデータは今はないのが残念です。

 

SSDに交換をして性能の高いパソコンよりも
初期起動が早くなると結構気持ちのよいものがありますね。

 

 

SATA2マザーボードにSATA3のSSD装着した結果

 

 

「え?!こんなに早くなるのか?!」って
初めて交換をした時は驚いたことがあります。

 

 

でも、初めてSSDに交換をした当初は
差込口がマザーボードに合うのかどうかや
取り付けに成功するのかどうか不安に感じることが多かったです。

 

ドキドキしながらハードディスクと
SSDを交換をしたのを思い出しますねぇ。

 

 

 

インテルのSSDを装着したことがありますが
IntelR SSD Toolbox」というのをダウンロードしたことがあります。

 

 

インテル製のSSDの性能を発揮させたい場合は
「IntelR SSD Toolbox」を使うと良いですね。

 

↓↓      ↓↓

 

インテル製のSSDを最適化するツール

 

 

これは、インテル製のSSDを最適化するツールで
結構役に立ちましたし、初期起動が早くなった気もします。

 

操作の方もかなりシンプルで
使いやすかったことを思い出します。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る