1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

SSDに交換をして遅くなるのは当たり前の方法とは?

SSDに交換をして遅くなるのは当たり前の方法とは?

PR

 

 

SSDに交換をして遅くなったという場合はスタートアップ時に起動するアプリが多いとか
設定で早くなるとか言われています。

 

 

しかし、動作が遅くなる原因で
最も肝心なことをお忘れではないですか?

 

SSDに交換をして遅くなるのは当たり前の方法とは?

 

それは、SSDに交換をしてハードディスクにあるデータを
そのままSSDに移動させるという行為をすると
SSDに交換をした意味がなくなり、処理速度が低下する可能性があります。

 

データをSSDに移行する容量によって
新品のSSDにもかかわらずドンドン低下していくわけです。

 

 

 

一般的に長期間使用して読み書きなどをすることによって
処理速度は低下していきますが、容量を増やしていくということは
長期間使用しているのと同じようになるから遅くなっていくわけですね。

 

 

未使用の領域が少なくなることで
現実的に速度は低下していくんですよ。

 

デフラグをすると寿命が縮むと言われていましたが
もはや、昔話になります。

 

SSDに交換をして遅くなるのは当たり前の方法とは?

 

現在では、半年に一度、1年に一度は
デフラグをしてみるのも良いでしょう。

 

「SSDはデフラグは必要ない」と言う人もいますが
いやいや、SSDにこそデフラグは必要なのです。

 

 

 

確かに、SSDは断片化の影響が出ないと言われています。

 

しかし、そういった情報が多く広まり
誤解を生む原因にもなったわけです。

 

 

 

完全に寿命が縮まないとは言いませんが
それほど極端に神経質になるほどではないというレベルです。

 

いまどきのSSDはデフラグをすることで寿命は
全く気にする必要性はないと言えます。

 

 

理由としては、僕自信が所有していたSSDも
結構デフラグをしていたこともあったのですが
未だに壊れていないし正常に道斎しているので
寿命が縮まるというのは余り気にする必要がないということになります。

 

 

 

そういった場合は、デフラグをすることで
快適になることもありますので是非試してみると良いでしょう。

 

ただ、普通にデフラグをしてもSSDの場合は
ほとんど効果はないと思ってください。

 

 

なので、SSDを効果的にデフラグをして
快適にしたいなら以下のツールを使用するほうが良いですよ。

 

↓↓    ↓↓

 

SSDの動作が遅くなったと感じたらコレ!

 

 

SSDとはいえ、なにもしないでも良いというわけではなく
ちゃんと、デフラグをしないといけないです。

 

デフラグが不要だとか寿命が縮むとかは
もはや過去の話ですよ。

 

 

なので、デフラグもやっておくと良いでしょう。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る