1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

ハードディスクが故障する原因【一番不可抗力なもの】

ハードディスクが故障する原因【一番不可抗力なもの】

PR

 

 

ハードディスクが故障する原因は「熱」にあるんですが
パソコン内部の温度が上昇していくことによって
ハードディスクが故障していく可能性を高めてしまう結果となります。

 

ハードディスクが故障してしまうと大変困ってしまうわけですが
熱が発生しやすくなる原因は「ホコリ」と「不要なデータ」などですね。

 

 

また、デフラグ中にパソコンを倒してしまうと
故障してしまう可能性が高くなってしまうんですよ。

 

一番不可抗力でどうすることもできないのが「ホコリ」ですよね?

 

 

僕自身も、排気口の周りを掃除していなかったこともあり
動作が鈍くなったこともありました。

 

 

 

ハードディスクが熱くなることでも
処理速度が低下するので熱を持たせないように
パソコンの排気口は綺麗にしていることが重要ですね。

 

また、SSDに交換できるなら内蔵しているハードディスクを
壊れにくいSSDに交換をするのが得策と言えますけどね。

 

 

ハードディスクの熱の原因は動作だけでも温度は上がりますが
不要なデータが蓄積しすぎていると、これも熱を持ちやすくなる原因となります。

 

これを避けるには、不要なデータをこまめに処理していくことが
動作を安定させて、ハードディスクの熱を上げないようにするコツとも言えますね。

 

 

 

また、不要なアプリケーションも削除していくことも
無駄にハードディスクの容量を増やさないコツとも言えるので
長いこと使用していないアプリはドンドン削除していくことをおすすめします。

 

アプリケーションの削除方法は
以下の動画でも解説しているので確認してみてくださいね。

 

↓     ↓

 

 

 

ハードディスクが故障する原因は
内部の温度も関係します。

 

ノートパソコンの場合は温度が上昇しやすいので
冷却台などで対処すると良いでしょう。

 

 

確かに、内部から温度を下げないと
意味が無いかもしれません。

 

しかし、外部からも温度を下げることで
ノートパソコンの温度は上昇しにくくなるんです。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る