1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

パソコンがうるさい原因【超ヤバイと感じたパソコン内部】

パソコンがうるさい原因【超ヤバイと感じたパソコン内部】

PR

 

 

パソコンを長く使用していると「ブオォーン」って
ファンの音がうるさくなってきますよね。

 

僕自身も「最近うるさくなったなぁ」って
思ったことがあったんです。

 

 

おそらく9割のパソコンを使用している人は
中をあけないで「パソコンの寿命だろう」って
勝手に決め付ける人もいたりするんですよね。

 

中には、新品のパソコンに買い換えたいがための言い訳として
そう言いたいだけの人もいますが・・・

 

 

 

まあ、そういう人は例外として大事に長く使用したいという人にとっては
結構深刻な問題だったりするんですよね。

 

パソコンからファンの音がうるさく感じられる場合は
ホコリ」が原因でファンが更に早く回っているからなんです。

 

 

 

ファンを静かにさせる方法としては
パソコン内部を確認してみるということや
排気口などを綺麗にしてみるということをすれば音も静かになることもあります。

 

僕の場合は、CPUの放熱のために付いている
ヒートシンクやファンにホコリが溜まっていたので
ファンの回転が早くなりうるさくなっていたということがありました。

 

 

 

 

いや〜、あの時は、ほんとうに驚きましたよ。

 

 

 

ヒートシンクやファンにホコリがビッシリ付いて
パソコンの動作にも影響を与えていたんですからね。

 

僕の場合は、ファンの音に加えて動作の方も遅くなっていたんですよ。

 

 

おいおい、これが4コアCPUのパソコンかよ」って
本気で思うくらい動作が遅くなっていました。

 

 

 

なので、ケースの周りに空いている穴を
排気口と呼んでいますが、この穴を塞がないように
きれいに清潔にしていないと、ハードディスクが熱くなったり
CPUが熱くなって処理能力が半減したりする原因にもなりますからね。

 

最悪なのが、ホコリで排気口やファンなどや
ヒートシンクなどにホコリがビッシリ付いて熱の逃げ場がないという状態ですね。

 

 

そうなると、熱が逃げる場所がないので
パソコン内で熱が溜まる状態になり
温度がドンドン上昇していくことになりますね。

 

実は、ハードディスクも熱を出しますが
CPUも熱を出す手伝いをするから余計に熱くなりますねぇ。

 

 

 

 

そうなると、誰もが想像できると思いますが
ハードディスクが故障してしまいますし動作も極端に遅くなってしまいます。

 

でもね、意外にもCPUは故障しないんです。

 

 

高温になるとCPUは故障するとか
CPUが焼けるとかいう説もあったのですが
今では、CPUは故障しにくい部品の一つとなっています。

 

 

 

なので、ホコリがヒートシンクに驚くほど付着していても
CPUは故障は全くしないと考えて良いでしょうね。

 

でも、処理能力が低下するので
ヒートシンクにあるホコリは取っておいたほうが無難と言えますね。

 

 

 

しかし、熱によって悪影響を与える部品はパソコン内には多く存在しているので
音がうるさくなったなぁって思ったら掃除をしてみることをおすすめしますね。

 

僕のパソコンも内部にホコリがビッシリ溜まっていたんですが
それを見た瞬間「うわ〜・・・」って驚きの余り少し硬直しました。

 

 

これが、その時の超ヤバイと感じたパソコン内部です。

 

↓     ↓

 

ホコリがびっしり付いていたパソコン内部の現状

 

 

ほこりがたまっていると、パソコン内部の温度が
上昇しやすいんですよね。

 

なので、内部のほこりは出来る限りは
とっていたほうが良いでしょう。

 

 

ただ、分解に自信がない人は
専門ショップで内部の掃除を依頼するのも良いでしょう。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る