1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

corei5なのに遅い?!【動作が遅いと感じる意外な原因】

corei5なのに遅い?!【動作が遅いと感じる意外な原因】

PR

 

 

「corei5なのに遅い!」って、現在のデスクトップパソコンを
新品で購入した当初は、本気で思いましたよ。

 

 

購入した当初は、ワクワクして、箱から出してモニターを取り付け
初期起動を体感したわけですが、とにかく動作が遅いと感じました。

 

 

理由は、期待した速度とのギャップに驚いたからです。

 

 

「あれ?こんなに遅いのか?」ってかなり困惑して
本当に、CPUが4コアでcorei5なのか疑ってしまいました。

 

 

僕のデスクトップパソコンのCPU(中央演算処理装置)は
corei5で、しかも4コアと呼ばれる処理能力が優れているタイプなのです。

 

 

パソコンのCPUには、4コアと2コアと1コアの3種類に
現在は分けられていますが、その中でも2コアパソコンというのは
主流になりつつありますね。

 

 

ちなみに、2コアと4コアの違いですが

 

 

例えば、草むしりを2人で作業をするのが2コアとして
4コアパソコンは、4人で草むしりをしているのと同じと
考えていただければ、その処理能力の早さはイメージできると思います。

 

 

なので、2コアパソコンと4コアパソコンでは
4コアパソコンのほうが処理能力が高いのです。

 

 

そんな、4コアパソコンでcorei5を手に入れたわけなのですが
それでも、初期起動が遅いと感じてしまいました。

 

 

おそらく、現実の動作の早さよりも
期待している動作が早いと信じていたために
動作が早くても遅いと感じてしまったのかもしれないですね。

 

 

まあ、新品パソコンでcorei5を搭載しているパソコンの
標準的な初期起動は、47,600円のデスクトップパソコンを例にして見ると
大体、43秒が普通の早さではないでしょうかね。

 

僕のデスクトップパソコンがそうなので
1分以下なら、まあ、合格点と言っても良いでしょうね。

 

 

ですが、新品のパソコンで1分を超える場合は
何かを処理しているので初期起動が遅れる場合がありますね。

 

 

こうした場合は、初期起動で起動するアプリなどを停止させれば
快適なパソコンライフを送ることが可能なんですよ。

 

 

僕自身も、現在のデスクトップパソコンを購入した当初は
設定で、初期起動をする不要なサービスを全て停止させましたよ。

 

 

 

一つ一つ設定は最初は難しいと思うので
クリックだけで簡単なツールを使用すると
簡単にパソコンを快適に出来る設定が可能となりますよ。

 

 

パソコンの快適な設定を簡単に行いたいという場合は
以下のページで詳しく解説しているのでチェックしてみてくださいね。

 

 

↓↓          ↓↓

 

 

 

容量の高いアプリを複数使うなら
4コアのパソコンは必要でしょう。

 

しかし、特殊な作業をしないという場合は
2コアのパソコンで十分ですよ。

 

更に、corei5なのに遅い場合は
不要なファイルを削除したり
使わないアプリを削除すると良いでしょう。

 

 

PR

 

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る