1分で起動するパソコンの起動時間を半分にする方法

デスクトップ画面にアプリが多いと動作が遅くなる?【実際に計測】

デスクトップ画面にアプリが多いと動作が遅くなる?【実際に計測】

PR

 

 

 

デスクトップ画面に表示しているアプリなどが多いと
初期起動が遅くなると言われています。

 

 

理由としては、全てのアプリのアイコンを表示させるのに
時間がかかるために、初期起動時間が長くなるのが理由となります。

 

 

不要なアプリなどをゴミ箱に移したり同じ種類のアプリがあるならファイルを作成して
一まとめにしてみるというのもひとつの手と言えます。

 

 

僕の場合は「パソコン高速化」というファイルを作成して
パソコンのクリーンアップに使うアプリをまとめています。

 

 

 

このように、類似しているアプリをひとまとめにしていくことで
パソコンの初期起動を通常よりも早くすることが可能となります。

 

 

 

 

 

そして、実際にデスクトップ画面にアプリやファイルを
たくさん表示させて、画面半分になったところをシャットダウンして初期起動時間を計測してみました。

 

 

本当に、アプリなどをデスクトップ画面に、たくさん表示させると
初期起動の時間が長くなるのかを計測してみたわけですが

 

 

 

アプリのアイコンをデスクトップ画面に半分くらい占領させた状態で
電源を入れて画面が表示されるまでを計測してみました。

 

 

 

 

すると、「44.54秒」という結果となりました。

 

 

 

次に、デスクトップ画面のアプリアイコンを整理してみた後に
同じように、初期起動を計測してみたのですが「44.01秒」と先程よりも、0.53秒早くなっています。

 

 

本の気持ち程度早くなるわけですが
やらないよりは、やったほうが快適になるという結論となりました。

 

 

 

 

 

いや〜、僕自身も初期起動が早くなるとは
正直、思っても見ませんでした。

 

 

 

デスクトップ画面のアプリを整理しただけだから
基本的に初期起動の時間なんて全く変わらないと思っていましたが
実際に、実験してみた結果が0.53秒早くなっているので少なからず
効果はあるということがわかりました。

 

 

パソコンの動作が遅いという場合で、デスクトップ画面に
たくさん、アプリがあるなら、使わないアプリはゴミ箱に入れ
類似しているアプリなどはファイルにまとめて整理すると0.53秒は最低でも早くなるでしょう。

 

 

PR

 

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る