Windows7の動作を高速化!笑顔あふれる秘策

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

PR

 

Windows10を起動させるときに
パスワードを入力するって面倒ですよね?

 

この初期起動にパスワードを省くことで
1分起動を早めることができるんです。

 

 

場合によっては、3分速くなる場合もあります。

 

初期起動時にパスワードを入力するという
とても面倒なことを毎回するのは余計な手間ですね。

 

 

 

例えば、パソコンの電源を入れて
その場を離れたとしてもパスワードを省く設定をすれば
そのまま、起動してOSまで立ち上がります。

 

 

 

ですが、パスワードを省く設定をしていないなら
電源を入れて起動するまでその場で待つしかないですよね?

 

そうじゃなくても、パスワードを入力する画面で停止しているので
パスワードを入力後も起動を待たないとダメなのは時間の無駄!

 

 

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

 

 

ぼくは時間を有効に使いたいし
いちいちパスワード入力はやりたくないので
早速、初期起動のパスワードを省く設定をしました。

 

まあ、Windows7からアップグレードをしたパソコンなら
こんな面倒なことはしなくても良いかもしれません。

 

 

 

でも、ぼくのように新品のパソコンを買った場合は
パスワードを省く設定はしていないんですよね。

 

 

いったいどうすればパスワードを省けるんだろうなぁ

 

 

初めて、Windows10のパソコンを手にして
ぼく自身は、そう感じていたんですよ。

 

確かに、パスワードを省く設定をすれば
ハッキングされる可能性もあるでしょう。

 

 

しかし、それは外部からの侵入ではなく
内部の人間がハッキングしている可能性があるんです。

 

 

外部からパソコンをハッキングする場合は
パスワードを省く設定をしなくても
遠隔操作されて個人情報を盗まれてしまいますよ。

 

 

ハッキングって何でしょう?

 

 

あなたはそう思うかもしれません。

 

 

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

 

 

ハッキングとは、システムやネットワークに
通常ではない方法でアクセスしてくることをハッキングといいます。

 

 

だいたい、大手企業とかが狙われる率が高いですね。

 

ただ、現在でのハッキングの意味は
データの改ざんや破壊などや盗用などをいう意味で
取られることが多くなっているみたいですね。

 

 

さて、Windows10の起動時に面倒な
パスワードを省く設定方法を解説していきます。

 

 

Windowsの起動でパスワードを省く設定方法

 

 

まず、キーボードの「Windows」キーを押しながら
「X」キーを押します。

 

 

別に同時押しでなくても良いので
まずは「Windows」を押してから
「X」キーを押しても問題はありません。

 

 

この二つのキーを押すことで
長細いメニューが表示されます。

 

 

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

 

 

この表示されたメニューから「ファイル名を指定して実行」に
画面の矢印を合わせていただいてマウスの左ボタンを押します。

 

 

すると、「ファイル名を指定して実行」という表示が出ます。

 

 

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

 

 

「名前」の右にあるボックスに「netplwiz」または
control userpasswords2」と入力します。

 

 

結構長いので、当ブログで表示している
「netplwiz」または「control userpasswords2」を
コピーしてボックスにペーストすれば簡単に入力できます。

 

「コピー」と「ペースト」とは一般的に「コピー&ペースト」または
「コピペ」と省略されて呼ばれることがあります。

 

 

この「コピペ」という行為はとても便利なので
覚えておいてお損はないでしょう。

 

 

コピー&ペーストに関しての方法は
こちらで紹介しているので参考にしてみてくださいね。

 

↓↓       ↓↓

 

コピー&ペーストのやり方

 

 

 

 

話を元に戻しますが・・・

 

 

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

 

 

「netplwiz」または「control userpasswords2」を
ボックスに入力したら「ユーザーアカウント」が表示されます。

 

タブの「ユーザー」に画面の矢印を合わせて
マウスの左ボタンを押します。

 

 

 

複数の人がパソコンを使っているなら
パスワードを省きたいユーザー名を選んでくださいね。

 

ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の
チェックを外し、「OK」に矢印を合わせてマウスの左ボタンを押します。

 

 

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

 

 

「自動サインイン」の表示が出るので
パスワード(P)の文字の右にあるボックスに
今現在設定しているパスワードを入力します。

 

「確認入力」のほうも同じように
パスワードを入力してくださいね。

 

 

初期起動に面倒なパスワードを省き1分起動を早める方法

 

 

最後に「OK」に画面の矢印を合わせて
マウスの左ボタンを押せば設定は完了です。

 

 

まとめ

1.「Windows」キーを押しながら「X」キーを押す

 

 

2.表示された一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします

 

 

3.「ファイル名を指定して実行」が表示されます。

 

「名前」ボックスに「netplwiz」(または「control userpasswords2」)と
入力し、「OK」をクリックします。

 

 

4.「ユーザーアカウント」が表示されます。
「ユーザー」タブをクリックし、「このコンピューターのユーザー」ボックスから
自動サインインを設定したいユーザー名をクリックします。

 

 

5.「ユーザーがこのコンピューターを使うには
ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外し
「OK」をクリックします。

 

 

6.「自動サインイン」が表示されます。
「パスワード」ボックスと「パスワードの確認入力」ボックスに
サインイン時に使用するパスワードを入力し、「OK」をクリックします。

 

以上の設定で、初期起動時に
パスワードを入力する手間が省けるので
起動がとても楽になるでしょう。

 

 

もし、パスワードを入力する手間を省きたいと
そう感じているならこの方法をぜひ試してみてくださいね。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 


 
トップページ 目次 自己紹介 メルマガ登録 お問い合せ