Windows7の動作を高速化!笑顔あふれる秘策

パソコンを購入する基準【おすすめのPCメーカー】

パソコンを購入する基準【おすすめのPCメーカー】

PR

 

 

パソコンを購入する基準を持って選ばないと失敗してしまう可能性があります。

 

なぜなら、使用用途とは違うパソコンを購入してしまうと
やりたいことが出来ない場合が多くなるからです。

 

 

パソコンを賢く購入するには
やりたいことを明確にしてパソコンの性能を決めていきます。

 

 

僕の場合は、ネットでも仕事をするので
どうしてもハイスペックパソコンが必要となります。

 

 

 

なので、280GBの容量を持ったハードディスク搭載の
パソコンでは、いくら外付けハードディスクに
データを保存すると言っても容量的に足りません。

 

無駄な機能や性能などやソフトなど
一体何にパソコンを使うのかによって変わってくるんです。

 

 

 

僕が一体どのようにしてパソコンを選んでいるかを
少し暴露していきたいと思います。

 

 

まず、僕の方法を例にして
パソコンで一体何に使うのかを決めます。

 

 

・動画作成&編集

 

・サイト作成&データアップロード

 

・メール送信・受信

 

・PDF作成&ワード&エクセル文字作成

 

・動画視聴

 

・スカイプ

 

・画層作成&修正

 

・写真印刷

 

・ネットショッピング

 

 

などなど、これらの作業に耐えるパソコンを手にしないと
動作に対して不満が出てしまいますね。

 

 

アプリとかもかなりインストールして
パソコンで使用できるようにしたいので
ハードディスクの容量も最低でも500GBは必要となります。

 

欲を言えば、ハードディスクの回転数は
7200rpm欲しい所ですが・・・値段的にも・・

 

 

 

でも、僕がデスクトップパソコンを購入する前の
パソコン選びの時は、そうした欲望も満たすパソコンも探すことに(; ̄Θ ̄A アセアセ

 

まあ、ここまで図々しく色々と贅沢な要望を考えだしたので
ついでに、激安の4コアCPU搭載のパソコンを探すことにしました。

 

 

 

しかも・・・

 

 

5万円以下のデスクトップパソコン!

 

 

 

普通なら「いや、あり得ない値段でしょ?」って
そういう風に思うでしょうけど、僕は諦めませんでした。

 

 

価格ドットコムで性能が高くて
激安の4コアパソコンを必死で探した結果が
現在のデスクトップパソコンとなります(・`Θ´・)キリッ

 

 

 

 

メーカーで購入すればよかったのですが
Windows8しかないって言われたので
他のショップでダウングレードしている同型式を
楽天で探しだして、激安パソコンを見つけ出したってわけですね。

 

 

 

4コアCore i5のCPU搭載のレノボ製のデスクトップパソコンです。

 

 

 

最大メモリが16GBなので
潜在能力は桁外れだと思います。

 

 

何のためにパソコンを使うのかによって
パソコンの性能が変わるので
ネットサーフィンしかしないとかなら
僕が所有しているようなパソコンの性能はいらないですね。

 

 

基本的に、メーカー直接で購入する場合は
購入時に部品を選択して自分だけのオリジナルが注文出来るなら
そういう、メーカーから購入するほうがお得だと言えますね。

 

 

初めてパソコンを購入するという場合は
サポート期間が長いメーカーで丁寧に
教えてもらえるメーカーが良いですね。

 

 

あ、でも、メーカーじゃないけど
パソコンショップでもサポートが充実しているこちらのお店も超お勧めです!

 

 ↓        ↓

 

BTOパソコン(PC)のことならパソコン工房通販ショップ

 

 

メーカーで購入するなら一番安いBTOパソコンを
選択できるメーカーが良いですね。

 

僕自身は、フロンティアのパソコンを持っていますが
一番安いBTOパソコンだったのでそれにしたんです。

 

 

色々と検索をして調べるのが良いんでしょうね。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る