Windows7の動作を高速化!笑顔あふれる秘策

腰痛対策に効果的な座り方【座面が低すぎてもダメ】

腰痛対策に効果的な座り方【座面が低すぎてもダメ】

 

PR

 

 

椅子に座って長時間パソコンを使っていると
腰やお尻が痛くなり我慢できなくなりました。

 

なので、「腰に負担がかからないパソコンチェアって無いかなぁ」って
ネットで探しまくりました。

 

 

 

 

その時にわかったことをシェアしていこうと思います。

 

色んなメーカーがパソコンチェアを出しているのですが
その中で、腰に負担がかかりにくいパソコンチェアとは
一体どういうものなのかを知ることが出来ました。

 

 

腰痛対策に効果的な座り方【座面が低すぎてもダメ】

 

 

僕自身は、これまで最高でも1万円くらいの
パソコンチェアしか使ったことがありません。

 

しかも、長時間イスに座っていると
お尻が痛くなるんです。

 

 

 

 

「うわぁ、腰とかお尻が痛いなぁ」って5時間くらい椅子に座って
パソコンで作業をしていると思うことが多くなりました。

 

そこで、色々と調べているとわかったことがあります。

 

 

 

 

それは、お尻が痛くなるということは
お尻の一点に体重が集中しているということですね。

 

だけど、本当に良い椅子というのは長時間
椅子に座っていても体の表面にかかる圧力が
座面で上手く分散されるようにできているんです。

 

 

腰痛対策に効果的な座り方【座面が低すぎてもダメ】

 

 

なので、本当に良い椅子というのは
お尻が痛くならないし腰も負担がかからないんです。

 

例えば、メッシュの素材で出来た椅子などは
耐圧を上手く分散できそうに思えますが
これは、体重が掛かる場所だけが沈み込むだけです。

 

 

 

なので、姿勢も安定しにくいので
お尻は痛くなってしまいますし腰も負担がかかります。

 

 

パソコンチェアに座る時の注意点とは?

 

 

実は、お尻や腰が痛くならないように
座り方を工夫することによって
お尻にかかる体圧を分散させることができます。

 

 

 

しかも、最も体圧を分散できるのは椅子に深く腰をかけ
膝と足首がそれぞれ90度に曲がって、さらに太ももが座面に水平な状態が好ましい。

 

この時に、足が床から浮いていても
座面が低すぎてもダメです。

 

 

 

なので、ちょうど良い状態にするために
椅子の高さを適度に調整していくのが良いですね。

 

 

PR

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る