タッチタイピングが出来るようになるコツ

タッチタイピングが出来るようになるコツ

 

 

タッチタイピングができるようになるには、キーボードを見ないでやるほうが良いです。

 

とはいえ、なかなか難しいしキーボードを見る癖ができているなら、なかなかやめられないこともあります。

 

 

このページでは、タッチタイピングが出来るようになる練習方法を紹介します。

 

 

タッチタイピングが出来るようになるには?

 

タッチタイピングが出来る方法

 

タッチタイピングが出来るようになるには、特別な練習は必要ありません。

 

タッチタイピングが出来るようになるには、楽しくタイピングを擦るように意識するだけです。

 

 

では、一つ一つタッチタイピングが、出来るようになる秘訣を紹介していきます。

 

 

ホームポジションを守ること

 

タッチタイピングが出来る方法

 

タッチタイピングを覚える上で、非常に重要なのはホームポジションを覚えることです。

 

ホームポジションとは、キーボード入力を効率的に行う基本操作で、キーボードの「F」と「J」に突起があります。

 

 

この「J」にある突起のキーに右手の人差し指を起き、薬指は「K」というふうに順番においていきます。

 

最終的に右手の小指に「;」のキーに置くことができれば、それがホームポジションです。

 

 

左手も同じように、指をおいていきます。

 

左手の場合は小指が「a」のキーに置くことができれば、それが正解のホームポジションです。

 

キーボードの「F」「J」のキーには、突起がついているので見なくても位置はわかるでしょう。

 

 

タッチタイピングの練習方法

 

タッチタイピングが出来る方法

 

タッチタイピングはコツややり方のテクニックを記載している情報を読んでも、上達はしません。

 

私自身も最初はタッチタイピングが出来ませんでしたし、タッチタイピングのやり方の情報を読み漁っていたことがありました。

 

 

しかし、一向にタッチタイピングが出来るようにならず、悩んでいたのです。

 

その時に練習をした方法を、少し紹介をしていきます。

 

 

ホームポジションの基本位置に指をおいてみる

 

タッチタイピングが出来る方法

 

ホームポジションの位置に、キーボードを見ないで置く練習をします。

 

地味で空きてしまいそうな練習方法ですが、意外に役立つ練習方法だったりします。

 

 

ホームポジションは、「ホームポジションを守ること」の項目で説明しているので、そちらを参考にしてくださいね。

 

基本的に、ホームポジションが定まっていない場合は、ミスが増えてしまいやすいので戻るクセも付けておきます。

 

 

そのためにも、キーボードを見ないでホームポジションに置く練習は、必要不可欠な練習方法なのです。

 

 

ネットにあるタイピング練習に最適なゲームで遊ぶ!

 

タッチタイピングが出来る方法

引用:http://typingx0.net/sushida/play.html

 

時間が許す限り、タイピングゲームで遊ぶことをおすすめします。

 

闘争心が強いなら「ゴーストタイピング」が、最もおすすめしたいゲームです。

 

 

他人が叩き出した記録を、自分が挑戦できるのでタイピングの練習には最適と言えます。

 

タイピングゲームで最も有名なのは「寿司打」ですね。

 

 

他にも楽しい無料のタイピングゲームがあるので、あなたに最適なタイピングゲームを探すのも良いですね。

 

 

最初はスピードより正確にタイピングするように心がける!

 

タッチタイピングが出来る方法

 

最初はスピードよりも正確にタイピン語が出来るように、練習をしていくほうが良いでしょう。

 

下手にスピードを速くするだけのタイピングは、変な癖がついたり正確なタイピング方法でタイプできない場合も考えられます。

 

 

タッチタイピングを正確に打てるようにする練習方法

 

タッチタイピングが出来る方法

 

タッチタイピングがうまくなり、正確にタイピングできるようにするには、「あいうえお・・・」とタイピングの練習をすることです。

 

地味な練習ですが、正確なタイピングが出来るようになります。

 

 

さらに、タッチタイピングも出来るようになるので、しつこく練習をしていくのがポイントです。

 

 

アンカーキーは必要ない!

 

タッチタイピングが出来る方法

 

タッチタイピングの基本で、アンカーキーという言葉が出てきます。

 

アンカーキーとは、右手の人差指で「Y」を押し他の指は「kl;」のキーで、待機している状態をアンカーキーと言います。

 

 

ネット上では、アンカーキーを使うことで、タイピングスピードが上がるということが記載されていますが、実際はアンカーキーは不要です。

 

考えれば分かるかもしれませんが、右手の人差指で「Y」のキーを押したら、次は「A・I・U・E・O」を押すことになります。

 

 

なので、「kl;」に指を残す意味は、まったくないと言えます。

 

また、セオリー通りではないですが「ゆ」をタイプする場合は、人差し指で「Y」を押してから右手の中指で「U」を押したほうが、かなり早くタイプ出来ます。

 

 

標準は右手人差し指です。

 

キーボードのキーの距離感を把握すれば、だいたいのキーの位置がわかるのでタッチタイピングがやりやすくなります。

 

 

実際に、ホームポジションが必要になるのは、1打目の何も距離感の手がかりがない場合だけです。

 

 

まとめ

 

タッチタイピングが出来る方法

 

タッチタイピングは、年齢問わず覚えることが出来ます。

 

タッチタイピングを練習するには、キーボードを見ないでホームポジションに、指を置けるように練習をすることです。

 

 

そして、タッチタイピングが出来るようになるには、「あいうえお」と言う感じでタイピングしていきます。

 

そういう簡単なタイピングから、練習をしていくのが良いでしょう。

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る