Windows7の動作を高速化!笑顔あふれる秘策

ブルーライトハザードは都市伝説なのでは?

ブルーライトハザードは都市伝説なのでは?

PR

 

 

 

最近は、パソコンやスマホのブルーライトのことは
ほとんど、ニュースでも取り上げられなくなりましたね。

 

ブルーライトハザードとは、パソコンの液晶画面から発せられる
ブルーライトと呼ばれる光と長時間見続けることで
健康障害や睡眠障害などを引き起こすと言われている光を言います。

 

ブルーライトハザードは都市伝説なのでは?

 

場合によっては、失明の危険もあるとか・・・

 

 

 

ブルーライト削減のアイテムはパソコンや
スマホなどでも販売されているほどなのです。

 

 

ブルーライトハザードは都市伝説なのでは?

 

 

「商品を売りたいがための都市伝説では?」って
僕自身は思いながら、スマホのブルーライト軽減フィルムを購入し
現在取り付けていますが、効果があるのかは疑問ですね。

 

 

はっきり言って、ブルーライトは「ソフト」では何も改善すらされていないことが多いので
ブルーライト削減ソフトなどというようなものはお金をドブに捨てているようなものですね。

 

そういうソフトは「怪しいなぁ」ってホンキで思ってしまいますよ。

 

 

 

ノートパソコンの場合は、明るさを暗めに調節するだけで
目の疲れやブルーライトを抑えることが可能です。

 

 

ブルーライトハザードは都市伝説なのでは?

 

 

アイ・オー・データ機器のモニターで「LCD-MF223Eシリーズ」はブルーライトを
カットしてくれる機能がついているみたいですね。

 

 

「LCD-MF223Eシリーズ」は、目に悪影響を与えるという
ブルーライトを低減させてくれる機能で
「ブルーリダクション」が付いていて目にやさしいモニターのようです。

 

 

 

こういった、ブルーライト対策の商品が
メーカーから出ている所を見ると
ブルーライトの噂は本当の事に思えてきますね。

 

 

こうした、ブルーライト対策ができる
モニターに買い換えることで目に悪影響を与える可能性も
かなり減らせそうな感じがしますね。

 

 

 

でも、モニターを買い換えるお金もないっていうのが
大きな悩みどころの人も結構多いはず。

 

僕もモニターを買い換えるお金はどこにもないんですよね。

 

 

 

 

ブルーライトを削減してくれるというモニターは
最低でも13000円もします。

 

 

目が疲れたら目薬っていう手もありますが
目薬も一時しのぎで、あまりよい方法とも言えないんですよね。

 

 

僕自身も目薬で目の疲れを改善させているつもりですが
一時的なものなので、直ぐに目が疲れてしまうこともありますよ。

 

 

PR

 

 

 

 

メルマガ購読

Windows10

 

トップへ戻る